共産党の天皇観変化

産経新聞平成18(2006)年9月8日

共産党の天皇観変化
親王さまご誕生「喜ばしい」
反対維持しつつ現実対応

秋篠宮妃紀子さまが第3子となる親王(男児)を出産されたことについて、
共産党は7日の党機関紙「しんぶん赤旗」2面の囲み記事で、
「元気な赤ちゃんが誕生したことは喜ばしい」とする志位和夫委員長のコメントを掲載した。
「共産党イコール天皇制打倒」と連想する国民が少なくないが、
実際には、共産党の“天皇観”は変化してきている。
ただ本質的な部分で、共産党は天皇制と相いれないものを持ち続けている。
郷土人形の収集家として知る人ぞ知る不破哲三前議長は、軍服姿の明治天皇の土人形を秘蔵している。
平成11年出版のある著書で、「深い意味はない。土人形の歴史のひとこまだ」(不破氏)と説明しているが、
皇室への生理的なアレルギーを感じさせない自然な発言だけに興味深い。
共産党の皇室観の転機となったのは、その5年後、平成16年1月の第23回党大会だ。
昭和36年の第8回党大会で採択した党の基本的文書である綱領(宮本綱領)を全面改定。
天皇制について「民主主義及び人間の平等の原則と両立しない」と反対姿勢を堅持しつつも、
「君主制を廃止」というそれまでの表現を削除した。
天皇が「憲法上の制度であり、その存廃は、将来、情勢が熟したときに、
国民の総意によって解決されるべきもの」と明記し、天皇制との共存を容認した。
16年11月には、不破議長(当時)が、デンマーク女王主催の晩餐会で天皇、皇后両陛下と初めて同席。
12月には党職員の勤務規定を改定、天皇誕生日を休日とするなど
「天皇制への対応に大きな変化がみられた」(共産党ウオッチャー)との分析がある。
共産党は、「21世紀の早い時期に民主連合政府の樹立」を目指し、保守勢力との連携も視野に入れた
政治闘争の展開を模索している。皇室との間合いに神経を使わざるを得ないのは、目標達成のためには
国民世論を無視できず、独善的との批判がつきまとってきた党活動のあり方を見直す必要に迫られたからだ。
ただ、共産党が社会主義社会の実現を目指す革命新党であるかぎり、
皇室制度と本質的なところでは相いれない要素がある。
26日には臨時国会が召集されるが、
「天皇が『お言葉』を述べるのは憲法違反」との立場をとる共産党の国会議員は、開会式を欠席する。
実際、昭和天皇が逝去された際の反天皇キャンペーンはすさまじかった。ご逝去直後の1月10日付で
「赤旗」1面に掲載された宮本顕治議長(当時)のインタビュー記事では、
昭和天皇を「日本歴史上最大の惨禍をもたらした人物」と断じて、
「徹底的に弾圧され、たくさんの人が迫害され、殺された。
時代的には対極の中で過ごした関係」と語っていた。



※実際の当日のインタビューで志位氏は誕生した宮様を「親王様」と呼んだ、数少ないひとりであった。
(報道の多くは「男のお子様」。福島瑞穂は苦々しい顔で「男の子」と発言。)
しかも、満面の笑みで「このような日に女性天皇の議論はよしましょう」と答えた。
計算だけでそうしたとは思えない喜びぶりに見えた。


天皇制についての議論

2014年12月 共産党志位氏 手をつけない
共産党:志位委員長「天皇制の問題には手をつけない」
毎日新聞 2014年12月08日 18時51分
共産党の志位和夫委員長は8日、日本外国特派員協会の記者会見で、
共産党が将来の参加を目指す連立政権について「天皇制の問題には手をつけない」と述べ、
当面見直さない考えを示した。同党は2004年の綱領改定で、
天皇条項も含めて「現行憲法の全条項を守る」との方針を打ち出している。
志位氏は衆院選で共産党が躍進した場合の天皇制への対応を聞かれ、
「天皇制度を国民の合意で民主共和制に変えることを展望するが、かなり先の段階で解決される問題だ」と発言。
「私たちが参加する政権ができても、天皇制はかなり長期にわたり共存する」と語った。【田所柳子】
http://mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20141209k0000m010017000c.html



2017年6月 民進党枝野氏 天皇制について議論するように繰り返し主張
2017.6.2 14:25
民進党・枝野幸男氏、譲位特例法案採決を棄権「典範改正が筋」
民進党の枝野幸男前幹事長は2日午後の衆院本会議で、天皇陛下の譲位を可能にする特例法案の採決を棄権した。
枝野氏は「退位を実現するなら皇室典範の改正が筋で、特例法では制度の恒久化はできない」と周辺に漏らしていた。
枝野氏は党憲法調査会長を務めており、衆院憲法審査会で天皇制について議論するように繰り返し主張していた。
http://www.sankei.com/life/news/170602/lif1706020048-n1.html


参考
共産党は「日本国籍を有する者」しか党員にはなれないが
民進党は国籍条項はない

皇室の神事は国民生活に何の関係もない

赤松広隆
社会党→民主党→民進党→立憲民主党

2017.12.16 05:04
【産経抄】皇室会議で赤松広隆衆院副議長
「皇室の神事は国民生活に何の関係もない」など発言 不適格者は相当にいそうだ

美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長が今月6日、
米ニューヨークでの競売で『昭和天皇独白録』の原本とされる文書を落札したとの記事を目にし、
久しぶりに同書を読み返した。
「現代史、なかでも昭和史にもっとも精通した歴史的証人」(現代史家の秦郁彦さん)である昭和天皇の目に、
世界はどう映ったか。
▼昭和天皇は、大東亜戦争の遠因として、第一次大戦後の1919年のパリ講和会議で、
日本が提出した人種差別撤廃案が否決されたことを挙げている。
それに加えての24年の米排日移民法成立は、「日本国民を憤慨させるに充分(じゅうふん)なもの」だったと。
▼41年に米国が日本への石油輸出を禁止したことについても、
日本を窮地に追い込んで「万一の僥倖(ぎょうこう)に期しても、
戦つた方が良いといふ考が決定的になつたのは自然の勢」と述べている。
平和を希求しながらも視線は冷徹で、合理的である。
▼その昭和天皇も現天皇陛下も、国民と国家の安寧と繁栄を祈る宮中祭祀(さいし)を大切にされてきた。
政府が当初温めていた平成31年元日の譲位・改元案を取り下げたのも、
「元日は早朝から重要行事が続く」との宮内庁の指摘をきちんと受け止めたからだろう。
▼ところが、今月1日の皇室会議で30年12月末の譲位を主張した赤松広隆衆院副議長の考えは違ったようである。
産経新聞の取材では、常陸宮ご夫妻も出席された皇室会議で「皇室の神事は国民生活に何の関係もない
年末年始の宮中行事は陛下である必要はない」などと説いていた。
▼この際、皇室典範を改正して衆参両院の議長、副議長が
自動的に皇室会議の議員になるという在り方は改めてはどうか。
過去の議長、副議長を振り返っても不適格者は相当にいそうである。
http://www.sankei.com/column/news/171216/clm1712160004-n1.html

亀井静香天皇陛下に進言?

「天皇陛下は江戸城より京都に」 亀井氏、昼食会で進言
2009.12.27 13:04
国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は27日、民放討論番組に出演し、
「私は恐れ多くも陛下に申し上げた。『権力の象徴だった江戸城にお住まいになられるのでなく、
京都か、あるいは(亀井氏の地元の)広島に』と口が滑って言ってしまった」と述べた。
天皇誕生日の23日に天皇陛下と面会した際に進言したという。
亀井氏はその後、記者団に対して、「陛下は『京都、好きです』とは言っておられた」とした上で、
「幕府の権力の象徴のお城の跡に、入られたのが間違いだった。
その後の歴史が陛下の政治利用みたいな形になっていった」と指摘した。
ただ、「たまたまお食事をいただきながら言っただけの話」とも述べ、
政府・与党で皇居移転を具体的に検討していくわけではないとした。
また、亀井氏は討論番組で日本における天皇の役割について
「象徴であり元首だ。国民の崇敬を一身に集めていて、統合の象徴という意味なら象徴だ」と明言した。
これに対し、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は同番組で
「憲法上の問題で元首と指摘するのはどうか」と反論した。
http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009122701000137.html


亀井氏、天皇は江戸城より京都に 昼食会で進言
亀井静香金融担当相は27日午前のテレビ朝日番組で、
24日に皇居で開かれた天皇陛下と閣僚との昼食会の際に
「権力の象徴である江戸城(跡地)にお住まいになるのは立場上ふさわしくないのではないか。
京都か広島にお住まいになってはどうかと、陛下に一方的に申し上げた」と述べた。
この後、亀井氏は記者団に「明治期に幕府の権力の象徴の跡に入られたことが、
その後の歴史で政治利用みたいな形になってしまった」と指摘。
陛下は返答は避けつつ「京都は好きです」と応じたことを明かした。
2009/12/27 13:05 【共同通信】
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091227/stt0912271306004-n1.htm


亀井氏が天皇陛下との会話漏らす 過去には辞任した閣僚も
2009/12/28 19:03
亀井静香郵政・金融担当相がテレビ番組の中で、天皇陛下に会った際、
「権力の象徴であった江戸城にお住まいになられるのは、
立場上相応しくないのではないか」と伝えた、と明かした。
閣僚が天皇陛下との会話の内容を明らかにするのは極めて異例。
過去には昭和天皇との会話をマスコミに漏らして辞任した閣僚もおり、亀井氏の発言は議論を呼びそうだ。
亀井氏は2009年12月27日、テレビ朝日の報道番組「サンデープロジェクト」に出演した。
この日の放送は「鳩山政権100日記念」として、亀井氏のほか民主党の菅直人副総理や、
社民・福島瑞穂党首、自民・谷垣禎一総裁など、党首級の8人が登場。米軍普天間基地移設や、
鳩山総理の偽装献金問題など、現政権が抱えている懸案について議論した。

「陛下は『京都、好きです』とは言っておられた」
その中で、天皇の政治利用について討論した際、亀井氏が
「先日、天皇陛下と殿下にお会いしたとき、
権力の象徴であった江戸城(現皇居)にお住まいになられるのではなくて、
京都かあるいは(亀井氏の地元の)広島とかに(お住まいになれば)と恐れ多くも申し上げた」と明かした。
「権力の象徴であるお城にお住まいになられるのは、
お立場上、相応しくないんじゃありませんか」と伝えたという。
亀井氏が陛下と会話したのは、12月24日、鳩山首相も参加した宮中昼食会と見られている。
番組内では「陛下は黙って聞いておられました」としていたが、
その後、報道陣の取材に対して「陛下は『京都、好きです』とは言っておられた」と暴露した。

73年には内奏漏らして防衛庁長官が辞任
政治的な利用を避けるため、閣僚は天皇とのやり取りを明かさないというのが慣例となっており、
亀井氏の発言は極めて異例だ。
1973年には、当時の増原恵吉防衛庁長官が、昭和天皇に防衛問題について内奏(説明)後、
記者に「昔の軍隊は悪い面もあったが、そこはまねてはいけない。
良い面を取り入れてしっかりやって欲しい」などの昭和天皇の言葉を漏らした。
これが国会で「天皇を自衛力強化に利用しようとした」として問題になり、辞任している。
01年にも、当時の田中真紀子外相が、国際情勢を内奏した際の陛下の発言を、
外務省幹部に漏らした疑惑が浮上。
田中外相自身は否定したが、「本当なら切腹もの」などと週刊誌が書き立てた。
それだけに、今回の亀井氏の発言も議論を呼びそうだ。
平野博文官房長官は09年12月28日の会見で亀井氏の発言に触れ、
「閣僚としての発言ではないと思う。亀井静香代議士の発言だろう」とし、
あくまで亀井氏個人としての発言だと強調。
「(皇居移転を)政府として考えているわけではない」と説明している。
https://www.j-cast.com/2009/12/28057147.html?p=all


亀井静香氏の「陛下は京都へ」発言について、産経新聞「政論」
■皇居移転「江戸時代」に戻すのか
日本を幕府政治に戻すつもりなのかと驚いた。
国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は27日のテレビ朝日番組で、
天皇陛下に「権力の象徴だった江戸城(跡)にお住まいになられるのではなく、
京都か、あるいは広島に住まわれてはいかがでしょう」と進言したと披露した。
国のかたち(国体)は成文憲法だけによらないが、占領下にできた現憲法でさえ、
行政府の長を「内閣総理大臣」、内閣の構成員を「国務大臣」とする。
憲法を素直に読めば天皇陛下が立憲君主で、首相らが臣下なのは明瞭だ。国民主権となんら矛盾しない。
亀井は同じ番組で、天皇陛下を「象徴であり元首だ」と語っており、皇室尊重の心を持っている
ようだが、皇居移転論は「立憲君主としての天皇」を踏まえていない意見だ。
首相は国会の指名だけでは就任できない。天皇陛下から任命されて初めて首相になる。
最高裁長官も陛下の任命だ(憲法6条)。
国事行為(憲法7条)は多岐にわたる。閣僚は天皇陛下の認証で国務大臣となる。
副大臣や検事総長、大使ら認証官も同じだ。法律、政令、条約の公布、国会の召集、
衆院の解散、総選挙の公示、勲章の授与も国事行為だ。すべて陛下の御署名と御捺印が欠かせない。
海外からの賓客とのご会見、各国大使の信任状奉呈式など外交行事も多い。
天皇陛下によって政治や国会の決定に正統性と重みが付与される。
重責を託された首相らは襟を正し職務に励むよう自覚を促される。
治家の権力行使よりも高い次元で、陛下は国を統治されている。
皇居を東京の政府から離せば、陛下のお務めに支障を来す。江戸城跡からお出になれば
かえって、幕府が政治を専断した「江戸時代」に戻る皮肉な事態になりはしないか。(榊原智)

クールビズ

陛下はモーニングなのに、ノーネクタイ姿の議員
衆参両院の議院運営委員会は15日の理事会で、
天皇陛下をお迎えして行う国会開会式では、クールビズ期間中であっても、
出席議員にネクタイを着用させることを申し合わせた。
13日の臨時国会の開会式ではノーネクタイ姿の議員がみられ、
自民党などが「陛下がモーニング姿なのに、ご無礼にあたる」と指摘していた。
(2011年9月15日18時15分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110915-OYT1T00841.htm


産経皇室ウイークリー(197)
2011.9.17 07:00
13日には午後から臨時国会開会式に臨まれた。
今回の開会式では、陛下をお迎えする議員側の礼儀が問題となった事例が2つあった。
1つは服装について。クールビズの流れで、ノーネクタイ姿の議員がみられたことに
自民党議員らが苦言を呈したもので、陛下がモーニング姿で臨む厳粛な開会式では、
「きちっとした服装」をすることが衆参両院の議院運営委員会で申し合わされた。
それほどあるわけではない、クールビズ期間中の開会式ならではの問題だ。
もう1つは、開会式に臨席する陛下をお迎えするために議員が整列中、
民主党会派の平山誠参院議員が、携帯電話のカメラで陛下を撮影したとされる問題。
平山氏が謝罪し、参院の鈴木政二議院運営委員長が
「品格ある行動で陛下をおもてなししていただきたい」と要請、各党が了解したという。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110917/imp11091707010001-n1.htm