皇嗣妃殿下 国際結核・肺疾患予防連合HPにメッセージ

The International Union against Tuberculosis and Lung Disease
https://www.theunion.org/
https://www.theunion.org/news-centre/news/her-imperial-highness-the-crown-princess-of-japan-on-world-tb-day

Her Imperial Highness The Crown Princess of Japan shares message of support on World TB Day
24 March 2020

At a time when all of us are facing a great challenge with respect to the novel coronavirus, COVID-19, I would like to express my deep appreciation to all the people in the world who have been dedicated to helping keep communities safe from infectious diseases.

On this World TB Day, our thoughts are with all people, families and communities affected by tuberculosis (TB)—a devastating illness that has a great impact on our world.

Since TB is an airborne disease, nobody is beyond its reach. We must come together to end it.

I attended the Union World Conference on Lung Health in 2018, held in Den Haag, the Netherlands, where I was moved by the words of those who had recovered from TB. They let us know their painful experiences, including the stigma they endured. If their TB had been prevented, they would not have experienced this significant suffering.

TB is a preventable and treatable disease.

Many people all over the world have been making great efforts to allow future generations to be free from the heartbreaking suffering caused by TB. I would like to express my deep respect to all of them for their devoted work.

However, there is more to be done.

The World Health Organization has reported the current facts on TB, and some shortfalls in TB control. For example, an estimated 10 million people around the world fell ill with TB in 2018. Many children who were household contacts of people sick with TB were eligible for preventive treatment, but it is estimated that only one in four such children aged under five actually received this preventive treatment.

We must strengthen our efforts, with wider understanding and support.

In Japan, the TB burden used to be extremely high. However, it has gone down significantly, thanks to the development of effective medicines in addition to BCG vaccination, dissemination of mass examinations with better diagnosis technologies, the cooperation of many organisations and people, and legislation which allows everyone access to TB treatment.

Female volunteer groups against TB have been one of the contributors to this TB control in Japan. Female volunteers gathered from all over the country for their annual TB seminar told me that raising awareness on TB and other health issues, and promoting health examinations, are among their important activities. They also gave me suggestions on what should be in this message to the world, which included the dissemination of correct information on TB, and full implementation of necessary vaccinations.

With more people gaining accurate knowledge about TB and supporting efforts to end TB, I hope that we will be able to do away with stigma and discrimination, and quickly reduce the impact of TB all over the world.

No matter what kind of background we have, ending TB and other infectious diseases is a goal that unites the world in common cause. And I will continue to partner with The Union in my advocacy, in solidarity with all the people making efforts to fight against TB.

H.I.H. Crown Princess Akishino is an Honorary Member of The Union. She has been Patroness of the Japan Anti-Tuberculosis Association since 1994.

google訳

日本の皇太子妃が世界結核デーに支援のメッセージを共有します
2020年3月24日

私たち全員が新しいコロナウイルスCOVID-19に関して大きな課題に直面しているときに、
感染症からコミュニティを安全に保つのを支援することに尽力してきた
世界中のすべての人々に深い感謝の意を表したいと思います。
この世界TBデーでは、私たちの考えは結核(TB)に冒されているすべての人々、
家族、コミュニティと一緒になり、私たちの世界に大きな影響を与える壊滅的な病気です。
結核は空中感染症であるため、手の届かない範囲にいる人はいません。
私たちはそれを終わらせるために集まらなければなりません。
2018年にオランダのデンハーグで開催された肺の健康に関するユニオンワールドカンファレンスに参加しました。
結核から立ち直った人々の言葉に感動しました。
彼らは私たちに彼らが耐えた汚名を含む彼らの苦しい経験を知らせました。
彼らの結核が予防されていたならば、彼らはこの大きな苦痛を経験しなかっただろう。
結核は予防および治療可能な疾患です。
世界中の多くの人々が、将来の世代が結核によって引き起こされる
悲痛な苦しみから解放されるように多大な努力を払っています。
みなさんの献身的な仕事に心から敬意を表したいと思います。
しかし、やるべきことはまだあります。
世界保健機関は、結核に関する現在の事実と結核対策におけるいくつかの不足を報告しています。
たとえば、世界中で推定1000万人が2018年に結核に罹ったと推定されています。この予防的治療を受けた。
幅広い理解と支援を得て、努力を強化する必要があります。
日本ではかつて結核の負担が非常に高かった。
しかし、BCGワクチン接種に加えて効果的な医薬品の開発、より優れた診断技術による集団検診の普及、
多くの組織と人々の協力、そして誰もが結核治療にアクセスできるようにする法律のおかげで、
それは大幅に減少しました。
結核に対する女性ボランティアグループは、日本におけるこの結核対策への貢献者の一人である。
毎年恒例の結核セミナーに全国から集まった女性ボランティアから、
結核などの健康問題への意識向上や健康診断の推進などが重要な活動のひとつであるとのことでした。
彼らはまた、結核に関する正しい情報の普及や必要な予防接種の完全な実施など、
この世界へのメッセージに何があるべきかについての提案をくれました。
より多くの人々が結核について正確な知識を得て、結核撲滅への取り組みを支援することで、
私はスティグマと差別をなくし、世界中の結核の影響を迅速に減らすことができることを願っています。
私たちがどのような経歴を持っているかに関係なく、結核やその他の感染症を終わらせることは、
世界を共通の目的で結びつける目標です。
そして私は、結核と闘うために努力しているすべての人々と連帯して、
私の擁護において連合と引き続き提携します。

皇太子妃殿下秋篠宮は連合の名誉会員です。1994年から日本結核対策協会の常連。