皇嗣両殿下福島県の台風被災地を御訪問

秋篠宮ご夫妻 大雨の被災農家を視察 福島 伊達
2020年1月28日 16時09分
秋篠宮ご夫妻は28日、去年の台風19号による大雨などで大きな被害を受けた福島県を訪れ、
被災した農家を視察されました。
秋篠宮ご夫妻は午前11時半に、福島県伊達市で農業を営む宍戸里司さんの住宅に到着されました。
伊達市では台風19号による大雨などで、1000棟余りの住宅やおよそ230ヘクタールの農地が水につかり、
宍戸さんの農園でも、キュウリを栽培していた農業用ハウスのほか柿や桃の木などが被害を受けました。
秋篠宮さまは、全国規模の農業団体「大日本農会」の総裁を務めるなど農業に関心を寄せていて、
紀子さまとともに宍戸さんら4人の農家と懇談し、被災した当時の話に耳を傾けられました。
このあと秋篠宮ご夫妻は雨が降る中、近くを流れる阿武隈川の堤防に足を運ばれました。
秋篠宮ご夫妻が台風19号の被災地を訪問されるのは初めてで、
秋篠宮さまは堤防の近くにある宍戸さんの果樹園を目にすると
「あそこから水が入ってきたのですか」と尋ねられていました。
紀子さまは「おいしかったです。頑張ってくださいね」などと
宍戸さんが作ったあんぽ柿の味の感想を述べながら、励ましのことばをかけられていました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200128/k10012262181000.html

200128.jpg

秋篠宮ご夫妻、福島の台風19号被災地をご視察
2020.1.28 16:18
秋篠宮ご夫妻は28日、福島県伊達市を日帰りで訪れ、台風19号で被災した農家を視察された。
秋篠宮さまが昨年5月に皇位継承順位1位の皇(こう)嗣(し)となられて以降、被災地訪問は初めて。
ご夫妻はこの日、阿(あ)武(ぶ)隈(くま)川に隣接するあんぽ柿用のカキや
モモの果樹園が浸水被害を受けた宍戸里(さと)司(し)さん(68)方の作業場などをご訪問。
宍戸さんが写真を用いて被害状況を説明すると、秋篠宮さまは「お見舞い申し上げます」と述べた後
「(芽が出ない場合の)対処法は」「新たに植え付けたりするのも、やっぱり時期があるのでしょう」などと
質問を重ねられていた。続いてご夫妻は、同様に浸水被害を受けたキュウリのビニールハウスのほか、
阿武隈川堤防から被災した果樹園もご覧になった。
秋篠宮さまは農業の発展などを目的とする公益社団法人「大日本農会」の総裁を務めており、
関係者から農業被害の話を聞き、視察を希望されていたという。
https://www.sankei.com/life/news/200128/lif2001280045-n1.html


秋篠宮ご夫妻、福島の農家を視察 台風19号で浸水被害
2020年01月28日15時36分
秋篠宮ご夫妻は28日、昨年10月の台風19号による被災状況を視察するため、
福島県伊達市の農家を私的に訪問された。
訪れたのは伊達市梁川町の農家、宍戸里司さん(68)方。
台風による大雨で阿武隈川の支流があふれ、収穫前の柿や桃の木などが水に漬かったという。
ご夫妻はまず、当時の写真を見ながら被害の概要について説明を受けた後、
浸水した野菜のビニールハウスや果樹園を雨の中視察。「来年は大丈夫なのですか」などと尋ねた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020012800801&g=soc


秋篠宮ご夫妻、福島で台風被災農家を視察
秋篠宮ご夫妻が、去年の台風19号で浸水被害にあった福島県の農家を視察されました。
秋篠宮ご夫妻は午前11時半ごろ、福島県伊達市を訪問し、
台風19号の大雨により出荷前の果物などに被害が出た阿武隈川近くの
農家・宍戸里司さん(68)の作業場や果樹園を視察されました。
秋篠宮ご夫妻は、当時の浸水状況などについての説明に熱心に耳を傾け、
秋篠宮さまは「あそこから水が入ってきたんですか」などと尋ねられていました。
秋篠宮さまは、去年秋ごろから農業関係者らから台風による被害状況などについて話を聞き、
被災農家の視察を希望されていたということです。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3890736.html


秋篠宮ご夫妻、台風被災農家を訪問 福島
2020/1/28 17:00
秋篠宮ご夫妻は28日、福島県伊達市を訪れ、2019年秋の台風19号で浸水被害を受けた農家を見舞われた。
柿や桃などを育てる宍戸里司さん(68)に会い、「お見舞い申し上げます」とねぎらわれた。
ご夫妻は被害状況を聞いた後、果樹園を見渡せる堤防の上で現場を視察。
宍戸さんによると、ご夫妻は「来年の桃は大丈夫ですか」と尋ねたり
「頑張ってください」と励まされたりしたという。
宍戸さんは秋篠宮さまが総裁を務められる「大日本農会」で功績者として表彰された農家。
宮内庁によると、秋篠宮さまは以前から台風被災地の訪問を希望されていたという。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54940140Y0A120C2CR8000/


秋篠宮ご夫妻 台風被害の果樹農家訪問 福島・伊達
毎日新聞2020年1月28日 16時56分(最終更新 1月28日 17時11分)
秋篠宮ご夫妻は28日、2019年10月の台風19号で被害を受けた福島県伊達市の果樹農家を訪問し、
被災状況を視察された。
訪問したのは、同市梁川町で特産の干し柿「あんぽ柿」を生産する宍戸里司さん(68)の作業場や果樹園。
宍戸さんは、台風による大雨で阿武隈川周辺で栽培している柿や桃などに大きな被害があったことを説明し、
秋篠宮さまは「台風被害、お見舞い申し上げます」と述べ、今後の栽培の見通しなどを尋ねていた。
秋篠宮さまは、農業や農村振興などを目的とする公益社団法人「大日本農会」の総裁を務めており、
台風19号による農業への被害を案じ、視察を希望したという。【高島博之】
https://mainichi.jp/articles/20200128/k00/00m/040/142000c

台風19号で被災した果樹園が見渡せる阿武隈川沿いの堤防に向かわれる秋篠宮ご夫妻
=福島県伊達市で2020年1月28日午後0時47分、玉城達郎撮影
200128a.jpg


秋篠宮さまご夫妻が台風被災地を訪問
2020.01.28 16:31
秋篠宮さまと紀子さまが、去年の台風19号で被災した伊達市の梁川町を訪問した。
あんぽ柿の作業場で地元の農家と懇談したお二人は、被災状況などの説明を受け、
時折メモをとりながら熱心に耳を傾けられた。
実際にあんぽ柿も召し上がり、「おいしいね」と話していたという。
■伊達市の農家・宍戸里司さん「両殿下に来てもらって、本当に励みになった、感謝している」
この後、お二人は浸水被害を受けた柿や桃などの木も視察された。
http://www.news24.jp/nnn/news86526632.html


秋篠宮ご夫妻、福島の台風被災地を訪問 農家見舞う
秋篠宮さまご夫妻は28日、昨年10月の台風19号による農家の被災状況を視察するため、福島県を訪れた。
ご夫妻が県内を訪問するのは令和になって初めて。
ご夫妻は午前11時半ごろ、伊達市梁川町で柿やモモを育てる農家の宍戸里司さん(68)の家を訪れた。
台風19号による大雨で、宍戸さんの畑は阿武隈川の氾濫(はんらん)により約90アールが浸水。
モモや柿の木が被害を受け、柿の収穫量は3分の1に減った。
秋篠宮さまは宍戸さんから被害の説明を聞き、「大変でしたね」と声を掛けていた。
その後、ご夫妻は宍戸さんの畑に近い阿武隈川沿いの堤防へ移動し、
雨の中、傘を差しながら浸水した畑の様子を視察した。
秋篠宮さまは畑に残った木片などを見て、「あそこまで水が流れてきたんですか」と聞いていた。
宍戸さんは、県北特産のあんぽ柿を食べた秋篠宮さまから
「またおいしいあんぽ柿を楽しみにしています」と話しかけられたという。
伊達市のあんぽ柿は震災前には皇室に献上されていたが、震災と原発事故の後、2年間にわたり生産が中断。
木の幹を高圧洗浄したり、放射線検査を徹底したりして、一昨年には県全体で震災前の8割ほどまで生産量が戻ったが、
昨年の台風で多くの農家が被害を受けた。
宍戸さんは「台風のダメージは大きいけど、秋篠宮殿下に遠いところまで来ていただき、うれしかった。
がんばってまた震災前の生産量に戻していきたい」と話した。
宍戸さんの妻の初子さん(66)は紀子さまから
「あんぽ柿を日本だけでなく、世界で食べてもらえるといいですね」と言葉を掛けられたという。
「地元の特産をそんなふうに思っていただき、元気づけられました」と話した。(飯島啓史)
https://www.asahi.com/articles/ASN1X66VGN1XUGTB00L.html


秋篠宮ご夫妻、福島県の台風被災地に 梁川の浸水農家見舞う
2020年01月29日 08時00分
秋篠宮ご夫妻は28日、台風19号の被災状況を視察するため、
福島県伊達市梁川町五十沢の果樹農家を私的に訪問された。
皇嗣(こうし)となってから初めて来県した秋篠宮さまは
「水害に遭って大変ご苦労されましたね」と果樹園が浸水被害を受けた農家をいたわった。
訪問先は県北の特産品あんぽ柿やモモなどを生産する宍戸里司さん(68)、初子さん(66)夫婦方。
秋篠宮ご夫妻は当時の写真を見て被害概要や営農見通しなどについて説明を受けた。
この後、浸水被害を受けたビニールハウスや果樹園が見渡せる阿武隈川堤防を視察。
雨が降って凍えるような寒さの中、傘を差して被害状況を熱心に尋ねていた。
秋篠宮さまは農業や農村振興を目的とする農業団体「大日本農会」の総裁を務めており、
台風19号による農業の被害状況を案じ、
2015年度に同会から優良な農家として緑白綬有功章を受けた宍戸さん夫婦方を訪問した。
秋篠宮さまの来県は18年11月以来で、東日本大震災後は6度目。
https://www.minyu-net.com/news/news/FM20200129-454574.php


秋篠宮ご夫妻、あんぽ柿試食に笑顔 梁川の台風被災地視察
2020年01月29日 10時30分
台風19号で浸水被害を受けた福島県伊達市梁川町五十沢を28日に視察し、
県北地方の特産品あんぽ柿やモモなどを生産する農家を見舞われた秋篠宮ご夫妻。
「農家として励みになった」「これからも農業を続けていきたい」。
震災、原発事故、台風19号の洪水など度重なる苦難を強いられてきた農家は、温かい言葉を胸に前を向いた。
2日間にわたって水に浸った柿やモモの木、泥が付着したキュウリ―。
地元の農家宍戸里司さん(68)らは秋篠宮ご夫妻と懇談し、被災状況を説明。
1986(昭和61)年の「8・5水害」を機に
「平成の大改修」として整備された果樹園近くの阿武隈川堤防にも案内した。
宍戸さんは台風19号の被災状況とともに、原発事故の影響であんぽ柿の加工や生産を
2年間自粛していた経過や安全対策の徹底、風評被害への対応も紹介。
地元の旧五十沢小が自粛期間中にあんぽ柿の歴史などを学習した様子を描いた絵本をプレゼントした。
秋篠宮ご夫妻はあんぽ柿を実際に試食し「おいしいですね」と笑顔を見せ、
紀子さまは悠仁さまと宮邸で柿をつるして干し、食べているエピソードも明かしたという。
県北地方のあんぽ柿は震災前、県の品評会で最高賞を受賞した農家が「伊達のあんぽ柿」として皇室に献上していた。
秋篠宮さまは視察後「すてきな柿を干しているところを見せてもらった。
またおいしいあんぽ柿を楽しみにしています」と述べた。
宍戸さんは「皇室の皆さまにまたあんぽ柿を食べてもらいたい。
台風の影響は不透明だが、乗り越えられるようにしたい」と決意を新たにした。
この後、濃いオレンジ色のあんぽ柿がカーテンのように連なっている宍戸さん方の干し場も視察。
秋篠宮ご夫妻は農業や植物に造詣が深く、同行した内堀雅雄知事は「(秋篠宮ご夫妻から)専門的な質問があり、
それに対して農家の皆さんが一生懸命に答える姿が心に残った」と振り返った。
https://www.minyu-net.com/news/news/FM20200129-454634.php