新天皇、皇后の地方公務

新天皇、4大地方行事に=国民文化祭加わる-宮内庁
1/31(木) 18:18配信 時事通信
宮内庁は31日、5月以降の新天皇、皇后が毎年出席する地方行事について、
これまで皇太子ご夫妻が出席されてきた国民文化祭が加わると発表した。
これにより、新天皇、皇后の主要地方行事は、全国植樹祭、国民体育大会、
全国豊かな海づくり大会の三つから四つになる。
同庁の山本信一郎長官が定例会見で明らかにした。
国民文化祭は、皇太子ご夫妻による七つの主要地方行事の一つ。
皇太子さまは昭和時代の第1回に出席するなど縁が深いことから、
山本長官は「お気持ちにかなうと理解している」と話した。
ただ、雅子さまについては療養中のため、出席が難しいこともあり得るという。
国民文化祭を除いた六つの行事のうち、全国「みどりの愛護」のつどい、
全国高等学校総合体育大会、全国障害者スポーツ大会、全国育樹祭の四つが
皇位継承順位1位の「皇嗣」となる秋篠宮さまと紀子さまに、献血運動推進全国大会は紀子さま単独、
全国農業担い手サミットは寛仁(ともひと)親王妃信子さまが引き継ぐことも決まった。
皇太子ご夫妻が毎年出席する東京都内の三つの行事について、国際青年交流会議は新天皇、皇后が出席し、
文化庁芸術祭オープニングは秋篠宮ご夫妻、
「日本賞」教育コンテンツ国際コンクール授賞式は紀子さまが単独で引き継ぐことになった。 
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019013101171&g=soc


新天皇、4重要地方公務に出席 代替わり後の分担発表、宮内庁
宮内庁は31日、天皇代替わり後の公務の分担策を発表した。
天皇、皇后両陛下は毎年、各地で開催される「全国植樹祭」「国体」
「全国豊かな海づくり大会」への出席に伴う三つの重要地方公務に臨まれてきたが、
新天皇、皇后の活動に「国民文化祭」への出席が加わる。
新天皇、皇后となる皇太子ご夫妻は、両陛下の現在の活動を基本的に全て引き継ぐ。
国際生物学賞の授賞式は天皇陛下の意向で、理学博士の学位を持つ秋篠宮さまと妻紀子さまが出席する。
新天皇、皇后の活動に加わる国民文化祭は、
1986年の第1回から皇太子さまが出席してきたため即位後も続けることが決まった。
(共同)
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2019013101002121.html


新天皇、皇后の地方公務は「四大行幸啓」に 「国民文化祭」をご継続
2019.1.31 18:31
宮内庁は31日、天皇陛下の譲位後の公務の分担に関連し、
皇太子ご夫妻が毎年臨席してきた地方での7つの行事(七大行啓)のうち、
「国民文化祭」を新天皇、皇后となった後も引き続き担われることを明らかにした。
天皇、皇后両陛下が恒例とされた「国民体育大会」など3つの行事(三大行幸啓)に加えられる。
皇太子ご夫妻が両陛下の公務を原則全て引き継がれる一方、
ご夫妻の公務を譲り受ける秋篠宮ご夫妻が多くの公務を抱えられており、分担の調整が難航していた。
宮内庁は今回、都内を含む恒例の地方公務を行事の趣旨などを踏まえて整理し、
皇太子さまと秋篠宮さまのご了承を得た。皇居や赤坂御用地内での行事は継続的に検討する。
国民文化祭は、浩宮時代の皇太子さまが昭和61年の第1回に臨席し、
平成以降も皇太子ご夫妻が務められてきたことを考慮。
ご夫妻の結婚記念事業である「国際青年交流会議」などゆかりの深い都内の3つの行事も引き続き臨まれる。
平成27年以降、秋篠宮ご夫妻と交互に担う「こどもの日」と「敬老の日」にちなむ施設訪問は、
新天皇、皇后が双方とも受け持たれる。
七大行啓のうち国民文化祭以外の6つの行事は、皇嗣、皇嗣妃となる秋篠宮ご夫妻が4つをご負担。
「献血運動推進全国大会」は主催する日本赤十字社の名誉副総裁を務める秋篠宮妃紀子さまが、
「全国農業担い手サミット」は寛仁親王妃信子さまが担われる。
また、秋篠宮ご夫妻の負担軽減のため、一部行事を長女の眞子さまがご担当。
秋篠宮さまは13団体の名誉総裁・総裁職を皇嗣としても継続するが、臨席行事を限定される。
宮内庁の山本信一郎長官は「宮中行事の増加を考えると、
まだ見直しが必要で、代替わり後も続けていく」と述べた。
https://www.sankei.com/life/news/190131/lif1901310025-n1.html