皇后陛下御養蚕 眞子様へのお手紙

皇后陛下が眞子内親王殿下に宛てたお手紙

眞子ちゃんへ
 眞子ちゃんは、ばあばがお蚕さんの仕事をする時、よくいっしょに紅葉山のご養蚕所にいきましたね。
今はばあばが養蚕のお仕事をしていますが、このお仕事は、
眞子ちゃんのおじじ様のひいおばば様の昭憲皇太后様、おばば様の貞明皇后様、
そしてお母様でいらっしゃる香淳皇后様と、明治、大正、昭和という
三つの時代をとおってばあばにつたえられたお仕事です。
 眞子ちゃんは紅葉山で見たいろいろの道具を覚えているかしら。
蚕棚の中の竹であんだ平たい飼育かごをひとつずつ取り出して、
その中にいるたくさんの蚕に桑の葉をやりましたね。
蚕が大きくなって、桑をたくさん食べるようになって桑をたくさん食べるようになってからは、
二かいにあるもっと深い、大きな木の枠のようなものの中に移して、
こんどは葉のいっぱいついた太い桑のえだを、そのまま蚕の上においてやしないましたね。
しばらくすると、見えない下のほうから蚕が葉を食べるよい音が聞こえてきたのをおぼえているでしょう。
耳をすませないと聞こえないくらいの小さい音ですが、ばあばは蚕が桑の葉を食べる音がとてもすきです。

 蚕はどうしてか一匹、二匹とはいわず、馬をかぞえるように
一頭、二頭と数えることを眞子ちゃんはごぞんじでしたか?
あのとき、眞子ちゃんといっしょに給桑をした二かいの部屋には、たしか十二万頭ほどの蚕がいたはずです。
眞子ちゃんはもう、万という数字を習いましたか?少しけんとうのつかない大きな数ですが、
たくさんたくさんの蚕があそこにいて、その一つ一つが白や黄色の美しいまゆを作ります。
 きょねんとおととしは眞子ちゃんも自分で飼ったので、蚕が何日かごとに皮をぬいだり、
眠ったりしながらだんだん大きくなり、四回目ぐらいの眠りのあと、口から糸を出して
自分の体のまわりにまゆを作っていくところを見たでしょう。きょねんはご養蚕所の主任さんが、
眞子ちゃんのためにボール紙で小さなまぶしを作って下さったので、
蚕が糸をはきはじめたら、すぐにそのまぶしに入れましたね。

蚕は時が来るとどこででもまゆになりますが、
まぶしの中だと安心して、良い形のしっかりとしたまゆを作るようです。
まぶしには、いろいろな種類があり、山をならべたような形の、
わらやプラスチックのまぶしの中にできたまゆは手でとりだしますが、
眞子ちゃんが作っていただいたような回転まぶしの中のまゆは、
わくの上において、木でできたくしのような形の道具で上からおして出すのでしたね。
さくねんは、ひいおばば様のお喪中で蚕さんのお仕事が一緒にできませんでしたが、
おととし眞子ちゃんはこのまゆかきの仕事をずいぶん長い時間てつだって下さり、
ばあばは眞子ちゃんはたいそうはたらき者だと思いました。
サクッサクッと一回ごとによい音がして、だんだん仕事がリズムにのってきて・・・
また、今年もできましたらお母様と佳子ちゃんとおてつだいにいらして下さい。
 蚕は、始めから今のようであったのではなく、長い長い間に、
人がすこしずつ、よい糸がとれるような虫を作り上げてきたものです。
眉のそせんは自然の中に生きており、まゆももっとザクザクとした目のあらいものだったでしょう。
人間は生き物を作ることはできませんが、野生のものを
少しずつ人間の生活の役に立つように変えるくふうをずっと続けてきたのです。
野原に住んでいた野生の鳥から、人間が鶏をつくったお話も、きっとそのうちにお父様がしてくださると思います。

蚕の始まりを教えてくれる「おしらさま」のお話を眞子ちゃんは、もう読んだかしら。
ばあばは蚕のことでいつか眞子ちゃんにお見せしたいなと思っている本があります。
 女の方がご自分のことを書いている本で、その中に、四年生くらいのころ、
おばあ様の養蚕のお手伝いをしていた時のお話がでてきます。
まだ字などが少しむづかしいので、中学生くらいになったらお見せいたしましょう。
 この間、昔のことや家で使っている古い道具についてお話してとおたのまれしていましたのに、
暮れとお正月にゆっくりとお会いすることができませんでしたので、思いついたことを書いてお届けいたします。
今は蚕さんはおりませんが、もう一度場所や道具をごらんになるようでしたら、どうぞいらっしゃいませ。
たいそう寒いので、スキーに行く時のように温かにしていらっしゃい。
ごきげんよう
                            ばあば
眞子様


美智子さま 眞子さまにあてた「宿題」の手紙を公開

週刊朝日 3月13日(火)19時12分配信
3月3日から皇后美智子さまの喜寿を記念し、皇居東御苑の三の丸尚蔵館で特別展
「紅葉山御養蚕所と正倉院裂(ぎれ)復元のその後」が開催されている。
今回の展示では美智子さまが眞子さまにあてた手紙が図録に収録された。
掲載した手紙は、美智子さまから学習院初等科の3年生だった眞子さまにあてたもの。
学校の授業で「お年寄りの世代が行っていた手仕事について調べよう」
という宿題を出された眞子さまの質問に答える形になっている。
自らを「ばあば」と呼ぶ美智子さまが、日本の伝統を「眞子ちゃん」に伝える文章からは、
普段見ることができない皇族の素顔が伝わってくる。
天皇、皇后両陛下は、ほかの孫にも深い愛情を注いでいる。
天皇陛下は2010年まで、葉山御用邸に滞在すると
「たけ」という和船に美智子さまや悠仁さまを乗せ、近くの海に出ていた。
美智子さまは08年の誕生日に際して出した文章で、悠仁さまの様子についてこう触れている。
「御用邸にもどって後、高揚した様子で常にも増して活々と動いたり、
声を出したりしており、その様子が可愛かったことを思い出します」
同じ文章では、愛子さまについてもこう述べている。
「周囲の人の一寸した言葉の表現や、話している語の響きなど、
『これは面白がっているな』と思ってそっと見ると、
あちらも笑いを含んだ目をこちらに向けていて、そのような時、とても幸せな気持ちになります」
この特別展は4月8日まで。美智子さまが自ら藁を編んで作った養蚕の道具や、
美智子さまが養蚕した絹糸で表紙の布を復元した鎌倉時代の絵巻「春日権現験記絵」などが展示されている。
午前9時~午後4時15分。月、金休館。入場無料。
眞子さまへの手紙が収録された図録は展示会場で販売されている。2千円。
週刊朝日 2012年3月23日号
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120313-00000303-sasahi-soci


週刊朝日2012年3月23日号

美智子さま喜寿特別展で公開
全文掲載 「ばあば」が眞子さまに送った「お蚕さん」の手紙

皇居の森の高台に、紅葉山御養蚕所と蚕のえさとなる桑園がある。
毎年春から初夏の2カ月間、美智子様は何度もここに出向き蚕を育てている。
日本書紀に、5世紀雄略天皇が皇后に養蚕を勧めたという記述がある。
途絶えていた皇室の養蚕を復活させたのは昭憲皇太后。
以来、皇后による「ご親蚕」として受け継がれ、1990年からは美智子様が養蚕を行っている。
美智子様の育てている純日本産の蚕「小石丸」。
生産性が低く一般では生産されなくなっていたが、美智子様が惜しんで育てている。


読売新聞日曜版

2012年(平成24年)3月18日付 
皇室ダイアリー No.139 皇后さま
孫に伝える「ばあば」の手紙

しゅりしゃり、かさかさ、しゃりしゅり。
皇居深くに立つ紅葉山御養蚕所で何万頭もの蚕が桑をはむ音は、どこか楽しげなリズム感を紡ぎ出す。
皇后さまが育まれ、その高質の絹糸が正倉院宝物の復元に使われる
日本純粋種「小石丸」たちの食欲は特に旺盛だ。
古民家のたたずまいの養蚕所が震える気がするほどの輪唱で食べ続ける。
今、皇居・三の丸尚蔵間館で皇后さまの喜寿を記念した特別展、
「紅葉山御養蚕所と正倉院裂復元のその後」が開かれている(4月8日まで。月・金は休館)。
小石丸で復元された正倉院宝物など約30点を鑑賞でき、皇后さまが、
自身で作った伝統用具「わらまぶし」を使うなどして作業される様子もパネル展示されている。
図録を手に取ると、温かなサプライズに出会える。
皇后さまが、小学3年生だった頃の眞子さまに送られた手紙が載っているのだ。
「眞子ちゃんは、ばあばがお蚕さんの仕事をする時、よくいっしょにご養蚕所にいきましたね」
とはじまる孫への手紙には、養蚕が、「眞子ちゃんのおじじ様(天皇陛下)のひいおばば様の
昭憲皇太后様」の時代から代々伝えられてきたことや、一緒に桑の葉をやった思い出がつづられている。
例年なら4月末頃に桑摘みが始まる。
(編集委員 小松夏樹)