2014年1月-12月雑誌記事

週刊新潮2014年1月30日号
「紀子さま」地球一周ご公務に「雅子さま」デパ地下一周ご行事!?
勤労奉仕団以外は全部欠席の新年だが
この奉仕団の高校がお馴染みという事で公務の公平性に疑問の声があがるが
最早振る舞いに対しての質問など出ない記者会見で欠席の東宮が常識化。
ご縁があるという事で直前に決まった。
コンセルトヘボウにお出ましの際は拍手を終えるタイミングも悪く
いつまでも続けたため観客も合わせた等振る舞いがぎこちない。
両陛下お見送りの羽田でのセレモニーは不参加。
一方紀子様はてんてこ舞い。
今回は行きはパリ帰りはシドニー経由でフライト時間は五十時間余り。
この最中に雅子妃にはお楽しみが予定されている。
いつもの松屋で児童作品展へ。
土日のいずれかなので秋篠宮ご夫妻がアルゼンチン大統領主催の式典に臨まれている頃。
相変わらず公より私が目立つ雅子妃の振る舞いが皇后様の眼にどの様に映っているかはいうまでも無い。
神田秀一
「"お買い物ができるのなら、まずは小さな公務から始めてみては"の意見もあるのに、
東宮医師団は"私的なご活動はむしろ治療効果がある"と言う。
正確な病状を公表せず、10年かかっても治せない彼らの説明は、信憑性が疑われます」

週刊文春2014年2月6日号
ザ・プリンセス雅子妃物語
9月22日、羽毛田長官「校外学習が出来たのは良いのですが、
通常の形でない姿になっている事を心配しています」
宮内庁のトップの発言。小町大夫はどう応えるのか。同日三時間後に開かれた東宮大夫会見。
小町大夫は冒頭で三殿下の日程について読み上げて「以上です」で締めくくり、終わらせようとしたその時、
「今回のお付き添いは、極めつけの茶番ですよ。皇室の尊厳もくそもない!」
怒気を含んだ記者の声が、宮内庁二階の報道室に響き渡った。
別の女性記者「付き添いの形があまりにも以上です。
親が子を思う気持ちはわかるが、大夫からの説明、支えるものの方針がなければ異様に映る」
これまでにはない、辛らつな言葉だった。

女性セブン2014年2月27日号
かつては“同伴登校”などベッタリだった皇太子妃雅子さまと愛子さまだが、
このところの愛子さまは単独行動が目立つ。
昨年末のクリスマスイブには、雅子さまの妹・池田礼子さん宅で行われたパーティーにも、
おひとりでお出かけになっている。
銀座のデパートで愛子さまは友達3~4人とお菓子やチーズ売り場を眺め、
皇太子ご夫妻は愛子さまたちの後方をママ友とおしゃべりしながら歩いていた。
展示会は親子で別々の展示を鑑賞。
「今、愛子さまは雅子さまが学校行事に姿を見せられたり、
一緒に出かけられることを、あまり望まれていないようで、
仲の良いお友達には、“別にひとりでも大丈夫なのに…”とか“
別にママはいなくても…”なんて漏らされているようです」(学習院関係者)
「愛子さまは、学校でお友達同士でお出かけの約束をしてくることが増えているようです。
例えば、仲良しのお友達のピアノやお稽古ごとの発表会などです。
もちろん、お友達の晴れの舞台ですし、約束したわけですから、
愛子さまは東宮御所に戻られると、“○○に行きたい”などとおっしゃられます。
しかし、愛子さまはお立場上、制約がありますから、全てを叶えてあげることが難しいようで…。
当然、愛子さまは不満を抱かれますから、それをなだめたり、
皇族としてのご自覚を教えることに雅子さまも腐心されているみたいですよ」(別の宮内庁関係者)

週刊文春2014年3月27日号
ベテラン宮内庁担当記者
雅子さまが宮中祭祀に出ないという理由は
「祭祀が大事だから、一つに出て他に出ないというわけにはいかない」というものだが
それならばすべての国を一緒に扱わないと不公平になる。外国ご訪問や外国からの賓客も接遇も同じこと。
昨年の訪蘭でもそうだったが、雅子さまは海外ご訪問前後の賢所や武蔵野陵への参拝もなさっておりません。
海外ご訪問にはギリギリまで努力をなさいますが、
同じだけのご努力を宮中祭祀にも向けられたことがあるでしょうか。
千代田関係者
「皇太子ご一家は伊勢神宮が皇室に取って以下に大切かということを理解されていない。
この大事なときに『東宮ご一家からは何らバックアップはない』と側近。
式年遷宮にあたっては黒田清子さんが立派に臨時祭主としてのお務めを果たされたし、
遷御の儀では秋篠宮様が参列されている。
まだお小さい悠仁さまも昨年三月佳子さまとご両親とともに新社殿造営をご視察。
スーツ姿で玉串を捧げ、拝礼されている。」
式年遷宮は皇室にとって、特別に重要な祭祀。20年に一度、敷地を改め、社殿や神宝類一切を新調した。
今回の両陛下のご参拝はそれを受けてのものである。
日本建築史に通暁する建築家、武澤秀一氏
「式年遷宮を執り行うことで皇祖神アマテラスが若々しく輝き、その権威や神威性が一層増す。
そもそも伊勢神宮は天皇の祖先であるアマテラスの存在を具現化するために作られたもの。
式年遷宮は天皇家のアイデンティティを強化し、永続生を謳い上げるものなのです。」
問題なのは皇太子ご一家がスキーに興じられているまさにそのとき、両陛下が伊勢神宮を参拝されることなのである。
今回のご参拝がいかに格別か。
それは三種の神器のうち、剣と璽(勾玉)を伴う剣璽御動座(けんじごどうざ)が行われることからもわかる。

週刊新潮2014年5月22日号
皇太子さま“突き指”異例発表のガイドライン
「皇太子さまはもとより皇族の方々が突き指を公にされたことはいままで聞いたことがありません。」(神田秀一)
「皇族の御体調について公表のガイドラインはない。
ケースバイケースが実情だが“突き指”は例がない」(山下真司)
「5月23日から徳島訪問。来月17日からスイスご訪問。
包帯が目立っては理由を尋ねられるため先手を打ったのでしょう」(宮内庁担当記者)
けがの理由は会見では「“日常生活の場面で”と述べるのみ。
思い当るのは愛子さまが最近ドッジボールに熱心なこと。愛子様さま相手をされたのでは」(宮内庁担当記者)

週刊文春2014年6月19日号
「雅子さまは影響の甚大さに気付かれない。
宮内記者会から『異様な母子』と批判され、話題となった校外学習密着などはまさにその典型でしょう」
2011年9月、愛子さまの二泊三日の山中湖校外学習へ、
雅子さまが密着同行するというお姿に、日本中は確かに凍りついた。
「現地では雅子さまを乗せたアルファードが長い車列を作って移動していました。
宮内庁や山梨県警の車両、さらに白バイ二台を合わせた計十台。数十人の関係者が乗り込んでいたようです。
児童らが乗るバスが移動すると、十分ほど時間をあけて追走していました。
一部の保護者からは『モンスターペアレントだ』とも囁かれたのです」(同前)
この事件には、ふだん雅子さまに好意的な記者さえも首を傾げていた。
だが、そうした声も雅子さまには届かなかった。驚くべきは、その年の誕生日所感だった。
雅子さまは付き添い登校について開き直られたかのように<唯一取れる可能性として続けてきた>、
校外学習は<大きな自信と励みになった>と述べられたのだ。
現在五十歳の雅子さまのご病状は、一進一退を繰り返している。
主治医の大野裕医師が説くのはレジリエンス(逆境力)の重要性だ。
「レジリエンスとは、私の理解では逆境に立ち向かうとき、歯を食いしばって
耐え忍ぶのではなく、物事を達観する鈍感力のようなものですね。
自分の置かれた状況を客観的に観て、“気付く”ことが重要なのです」(精神科医・香山リカ氏)

週刊朝日2014年7月18日号 
皇室カメラマンが明かす秘話・お宝写真
瓜生浩(80)元学研カメラマン
取材陣は「監視役」としても機能した。身元の怪しい人間がまぎれ込めば皇宮警察に合図を送った。
昭和の終わり頃、華子さまが埼玉鴨場で珍しい鴨を抱いていたので写真を撮らせてもらっていたら、
常陸宮さまに肩をたたかれた。それからずっと鴨の説明をしてくれた
島田:ご婚約報道の時から紀子さまは「いい子」だと評判。川嶋家はよい方ばかり
瓜生:雅子さまの時は小和田家との間に信頼関係が築けなかった
ご成婚のあとにアポを取って雅さま子の写真を実家に届けたら母親が「はい」と受け取って終わり
岩井:江頭寿々子さんの弔問に際して東宮職が取材場所と時間を指定し、待機するが1時間待っても来ない。
雅子妃が取材が負担だというので記者たちは電柱の影に隠れて待ったが来ない
東宮侍従に「撮影うんぬん以前の問題で、来るか来ないかわからない」と言われる。
1時間半後に「今回は来ない」となり、警察が撤収したので記者たちが引き上げたら
それを見計らったように雅子妃が来た。

テーミス2014年9月号
伊勢神宮参拝は果たしたが
『愛子天皇擁立派vs反対派の対立深まる』
再浮上した「女性宮家創設」や「女性天皇論」の背後で皇位継承権の心配も
◆愛子さまの"帝王教育"に疑問
伊勢神宮参拝が実現して、宮内庁関係者もほっと胸をなで下ろしていた。
愛子さまは両手を前に組み会釈もしていたが、武蔵野御陵参拝のときには手をぶらぶらさせており、
ちょっとお行儀がよくないと噂になった。
また、会釈や手を振る時も、よく見ると雅子妃が会釈するタイミングを見て真似ているだけだ。
参拝の様子は報道陣に公開されず、両陛下や秋篠宮ご一家の時とは明らかに対応がちがう。(皇室ウオッチャー)
凛々しい姿で参拝する他の皇族と較べると、
皇族としてのきちんとした"帝王教育"がなされているのか疑問が生ずる。(同)
◆愛子さまに関する「告発文書」
本誌には学習院関係者から愛子さまに関するマイナス情報が入って来る。
1)遅刻・早退は当たり前
2)宿題や課題、試験問題をすべて持ち帰り、後日提出
3)過剰警備
「率直にいって無制限に甘やかされて躾けがなっていない」。

週刊文春2014年9月25日号
会議出席者の談話
「上下淡いピンクのスーツ姿でお見えになった佳子さまは、
オープニングセレモニーだでなく、その後のレセプションパーティにも
お出になりました。終始真剣なご表情で海外の研究者とも通訳なしで話をされていました」
佳子さまが教育実習するのに公立や他の私立はふさわしくない。
教育科として初等科課長に実習生受け入れを依頼。
科長はこの4月から初等科長から学習院大学教育学科の教授に
科長が実習生受け入れの道筋をつけた見返りポストと言われているが
実際は受け入れ態勢が整っていないことを大学側も知る。
科長は独断で『初等科として異存なし』と返答。しかしほとんどの教員は寝耳に水で反対。
結局初等科での実習受け入れ頓挫、大学側が初等科での受け入れ頓挫を知ったのが今年春
佳子さまは梯子を外されてこれが中退理由であっても不思議ではない。
学習院内部では『教授の職を返上すべき』と怒りの声。

女性自身2014年10月21日号
千家さんが皇太子さまを、典子さんが雅子さまを案内しながら入ってくると言う心憎い演出がされていた。
午後6時開始の宴は8時過ぎの終了
9年前の黒田清子さんの披露宴のときは体調が悪かった。
天皇陛下の隣の席だったが陛下が会話に応じず、雅子さまは気分が悪くなり途中退席し隣の部屋で休んでいた。
もうひとつのトラウマ
それは、みなさん着物だったのに、雅子さまだけが洋服で、似合っておいでだが浮いていた。
また、今回出席したのは皇太子が年が近いので兄の様に慕っていた高円宮家の御嬢さんだから。
高円宮家で再会し夜遅くまで会い、いわば恋のキューピッドだから
雅子さまが体調崩したのはそんな高円宮殿下が前年に亡くなったのも一因かといわれている

週刊新潮2014年10月30日号
不規則登校愛子さまに英才教育を施すスーパー数学教師
東宮家に新任の家庭教師採用。公立高校の元教師大橋志津江さんだ。
「愛子さまは初等科時代、一部男児の粗野な振る舞いをいじめと受け止め不登校になられた。
状況が好転しない中、小学4年で家庭教師がついた。それが糸川さん」(宮内庁担当記者)
「(糸川さんは)学習院に不信感を抱かれた東宮夫妻に代わり、学校との折衝役も務めた。
大橋さんは糸川さんの推薦もあったのだろう」(同)。
愛子さまは新たな環境への適応に難渋されてか今また不規則登校。
「当初は遅刻ギリギリ登校。6月ごろから遅刻が増え、登校が不規則に。
2学期には午後登校というケースも。先月は授業が終わる午後二時ごろ登校されたことも」(皇室ウォッチャー)
「不登校が事実なら,もはや愛子さまは学習院に適応できないのではないでしょうか
(中略)学校で孤立されているのではないかとの疑念を禁じえません」(深谷昌志東京成徳大学教授)
「生活指導の面でも問題を抱えた不真面目な生徒には安易な妥協をせず厳しく指導をされる方。
以前は桐ヶ丘にもいたので,幅広い指導ができるきわめて優秀なスーパー教師でした」
(かつて戸山高校校長を務めた揚村洋一郎東海大付属仰星高校校長)

週刊文春2014年10月30日号
先週の中間試験もご欠席 学習院は箝口令
登校時間前にSP待機。だが登校無しで試験開始時間前に全員撤収
東宮職関係者
朝8時30分に起きていることを確認、試験開始時間の9時30分には間に合うはずだった
持っていくお弁当も準備完了、登校の手はずすべて整うが欠席
九月中旬は週1程度午後から登校
宮内庁担当記者
中間テスト欠席は知っていたが、取材を控えろと言われたから詳細はわからない。

学校がない日の雅子さまと愛子さまは14時過ぎに昼食、23時ごろ夕食。
皇太子さまは朝8時から9時に朝食昼は12時(この2食は合流せず)
夜22時から夕食で23時に雅子さまと愛子さまが合流。職員が下がれるのは午前1時。
学習院離れが進んで愛子さまは最後の玉。それゆえの皇太子一家お客様扱い。
東園理事は9月末で退任したので何も知らないと答え、
後任の理事はまだ学校に行ってないから把握していないという。
金澤主管の知らないところで、大野医師が東宮職医師団に就任

週刊女性2014年10月?
愛子さまが嫌がる4週連続の出席拒否。
学習院女子中等科金曜日の時間割
愛子さまの出席状況9月26日午後二時過ぎ、6時間目の授業に登校。金曜日は3回連続午後登校。
10月17日開院記念日でお休みだったが翌週の24日は欠席
金曜は1時間目にホームルーム。学校生活の話し合いや委員会からの連絡事項がある。
愛子さまは厚生委員会に所属しているので八重桜祭のお手伝いをする裏方的仕事があるが、
そのような活動や伝達もお出来になっていない。
愛子さまには外部受験組の子も入れて4人の仲良しグループがいる。
友達関係からくる不規則登校ではない(東宮関係者)。
学習院は宿題が多い。予習復習を含めると毎日の勉強で寝るのも遅くなることもある。
外部からの受験組はかなり学力があり、愛子さまは初等科ではオール5に近いトップレベルの成績だったが
中等科では成績順位が落ちてしまい気にされているご様子(同・関係者)。
学習院女子中等科の入試は算数が難しく、初等科出身者とは数学で差がつくことがある。
愛子さまは理数系の科目がお得意ではない様子。
報じられてはいないが理科の家庭教師も御用掛としてではなく私的についている。(同・関係者)。
学習院関係者「特に学力差がつきやすい数学で愛子さまは焦りを感じ、深夜までの勉強が続いて遅刻
授業がますますわからなくなり数学が苦手になったのでは?さらに保健体育の授業も影響しているのでは?
学習院は水泳の授業に力を入れているが、愛子さまは水泳はお得意ではないよう。
数学と同じく授業を敬遠されている。
皇太子ご夫妻は愛子さまを見守る教育方針のようなので、不規則な登校も仕方ないとされているのでしょう」

女性自身2014年11月11日号
「お母さまもご公務お休みするのに…」愛子さま「初めての反抗」解消に選ばれた「鬼軍曹」女家庭教師
学習院OG「自分の在校時出欠はきびしく、義務教育だから中等科で退学はなかった
が留年・落第はあったので愛子さまの不規則登校に驚いた。」
学習院関係者。学習院側は愛子の不規則登校は「東宮側の家庭の問題」として考えている。
また、「初等科の失敗(ママ)」を繰り返さないよう、求められる以上のことをするつもりはない。
大井町こころのクリニックの磯部潮氏
愛子さまは何でも自分の力で乗り越えてきた雅子さまの完璧主義を受け継いでいる。
試験でも十分勉強ができず自信のない教科について
「100点がとれなければ0点でも同じ」と思ってあえて試験を受けないのではないか。

テーミス2014年11月号
久しぶりに雅子妃が公の席に出たのは、
10/1の文化庁芸術祭オープニング公演(日本とモンゴルの歌と踊り)の鑑賞。
だが皇太子周辺は異常な緊張感。
皇室関係者の指摘。
当初は皇太子一人での出席予定だったが、体調が良好だったので、急遽雅子妃も一緒に鑑賞
しかし現場には「出席される」「されない」で情報が二転三転。
外国絡みの催しは相手国との関係があるので、気まぐれのようなお出ましでは混乱を招く。
「海外留学」を薦める小和田家
10/8の千家国麿・典子夫妻の結婚披露晩餐会に皇太子夫妻が出席。皇室ジャーナリスト曰く、
新郎新婦の案内で皇太子夫妻をテーブルまでお連れするという変わった演出で始まった。
雅子妃はロイヤルブルーのドレスで元気な様子。
皇太子夫妻がとくに故・高円宮殿下と親しかったこともあるが、出席者からみれば、完全に特別扱い。
愛子さまの中学校生活を巡るマイナス情報も入ってくる。
遅刻や欠席は当たり前。行事の際の取材規制は異常
学習院関係者「ご夫妻は愛子様を甘やかし放題」
小和田優美子さんは娘と孫が置かれた環境を嘆き、身の回りの人選にも口出ししている。
小和田家は愛子さまの「海外留学」も視野に入れ始めている。

週刊新潮2014年10月16日号
小和田家三代はほぼ全員が私学でなく国費の機関で学んでいる。合理的思考の垂範か?
江頭豊がチッソ社長だったにもかかわらず、優美子さんも雅子妃も公害被害者に心を寄せる言動なし。
両陛下は平成25年に水俣を訪問、秋篠宮夫妻は更に早く平成11年に訪問。
江藤淳によれば優美子さんの曾祖父嘉蔵は佐賀藩士で侍と足軽の中間の階層。
優美子さんの両親の家系はどちらも海軍中枢。
正田・副島家の家風がでしゃばらないことなのに対して小和田家は「ここに小和田あり」。
雅子妃成婚のとき村上市では優美子さんも昔皇太子妃候補だったとの噂が流れたが
実際にリストに載っていたかは不明。
候補だと言っていたのは優美子さんの周辺だけ。

週刊ポス2014年11月14日号
「皇太子一家『深夜のお出かけ』と『翌日の大遅刻』」
10/26の東宮一家の高島屋訪問、八時半過ぎに来て十時頃に帰る。
なかなか帰らない三人に周囲は大混乱。そもそも閉店後の訪問に賛否両論あった。
10月27日午後1時。愛子さまワゴン車で登校。特に急ぐ様子もない。
高島屋の天皇展も天皇皇后両陛下や秋篠宮ご一家は午前9時に見え一般客が入る前に帰っていた。
ベテラン記者
愛子さまの生活習慣が乱れはじめたのは皇太子が外国訪問中の6月頃から。
「サッカー好きの愛子さま」は雅子さまと一緒に深夜までWC観戦。
夜更かしが続いて朝起きられなくなった。
雅子妃は愛子さまを自分と同様海外に留学させたい。場所はイギリスかオランダ
雅子妃がオランダ国王の晩餐会に出席したのもそのためでは。
晩餐会に皇太子夫妻の出席を望む方も多いのに、オランダだけ出席したことにもやはり賛否両論。

週刊女性2014年11月18日号
また「不登校」の真相 皇太子さま(45)愛子さま(12)緊迫の朝7時
10回起こしても目覚めない!「もう行かなくていい!」と喝!
10回くらい起こしても目覚めない日があった
普段温厚な皇太子が「それなら行かなくともいい」としかった

週刊文春2014年11月20日号
佳子様初のお1人公務。背もたれにもたれず背筋をピンと伸ばされて鑑賞。
鳥取市で紀子様と第14回全国障がい者芸術・文化祭とっとり大会に出席され、
知事がスタバがないという話を佳子様にすると、スナバはありますね。とダジャレで返された。
鳥取がスタバはないけれどスナバはあるとPRしてる事を事前に知ってらしたようだ。
紀子様は手話をなさっているので、障害者と積極的に会話をされ、
佳子様も翌日には手話で挨拶されたりしていた。
受賞者が名前を主催者に間違われたとお二人に訴えるハプニングが。
佳子様は戸惑われていたが、紀子様はにこやかに対応され、
その後の懇談でその男性を交えて和やかに会話されていた。
障害を持つ役者らが演じたチェーホフの「三人姉妹」を鑑賞された後、
出演者にお声をかけられた時、感極まった出演者が号泣。
紀子さまは一人一人を抱きしめられ、佳子様も一人一人と握手された。

週刊朝日 2014年12月12日号
八重桜祭の時、愛子さまは今半のすき焼き弁当を2個食べた
カツサンドはお持ち帰り
行事に参加はしているが居るだけという感じ
学習院女子にはキャットルームという悩み事相談室があるが、そこに居るようだ

週刊文春2014年12月 号数不明
誕生日も学校欠席。期末テスト(八教科)も欠席。
愛子さまの誕生日の御祝い御膳
22時からの家族水いらずで
千代田関係者「本当に異例。本来は18時半から。」
期末テスト(5日,6日,9日)欠席理由は風邪。
「元々、5日は前日の夜に「あすはお休みだから」と連絡が回ったのです。
試験なのにそんな連絡があるのはインフルエンザにでも罹られたのかと思いました。
次の日、雅子様と愛子さまはゆっくり起床されたようですが、午後には新しい家庭教師の先生がいらした。
数時間、勉強されていたはずです。それでも、翌6日の試験も御欠席。
どうして試験を受けられないのだろうと理解に苦しむとい負うのが正直なところです。」(東宮職関係者)