ある考察

※拾い物(転載)

雅子妃を応援する人たち解析
             高原 天
創価学会員及びワールドメイト会員は雅子さま・愛子さま擁護。
操るのが容易な皇太子も応援。
神輿は軽いほうがいい。
それ以外の皇族の悪い噂を流し、貶めている。
顕著なのは雅子妃結婚直後の皇后陛下への中傷記事。

雅子妃がお妃候補に再浮上したころから始まった平成3年くらいからの秋篠宮両殿下の悪い噂。
これはひどく性質が悪く、雅子妃の後ろ暗い部分を紀子妃殿下になすりつけている。


中絶説 中絶したのは雅子妃(留学時代)
同和説 雅子妃(江頭)+半島からの流入者小和田(=金何某)

猫をかぶっているのも雅子妃
「関係ありませんっ!!」から、内定後の変貌ふりをみればわかること。
宮内庁に怒鳴り込んだのは川嶋さんではなく小和田優美子さん(宮内庁に記録があり確認済み)

擁護者の弁
>これみよがしに子供を産む紀子さんは嫌い。
もし妊娠可能な体調でも、家存続のために必要でも
精神病の親族の気に障るからという理由で子供は持たないという選択ができるのか?
子供が産めるのに、欲しいのに
「これみよがし」になるから子供を産むのはよそうって思える??
そもそも「これみよがし」に子供を持つもの?
子どもを産んだ人を妬む屈折した思考。

紀子妃殿下の事を「性格が悪い」と言い切れる人は、雅子妃と似たような環境に身を置いている。
もちろん、雅子妃のように学歴詐称や出自を嘘で塗り固めて結婚したということではない。
自己を省みる素直さは持たないくせに、他人が素直に謙虚に幸せにくらしていることは、我慢できない人。
そういう人が雅子さまに自分を重ね、「かわいそう」
勝手に仮想敵を作りやることなすこと「気に食わない」「いい子ぶって」ということで己の不出来をごまかす。
心の捻じ曲がった人は何でも悪く取る。
そういう人が雅子妃を応援している。
もちろん、ファンとして見守る、健康を願うことはよい。
なぜ、他の妃を貶めるのか。貶めなければ、負けるという発想がおかしい。

両方を平等な立場から評価している人もいる。
雅子妃を応援し、他の妃殿下を貶める人は
「こんなに優しくていい人雅子様。残忍な本性の紀子様」の対比ばかりしている。
この設定のもとにネット上でも仲間内でも紀子妃殿下叩き。

創価や半島勢力が背後にいるマスコミもその構図を作っている。
「格下」だと思っていた方が、活躍するのが気に入らないということなのか。それではあまりに幼稚。
「雅子妃は全面的におかわいそう、まったく悪くない」という主張の為に
秋篠宮両殿下を憶測で悪者にするのが当たり前な雅子妃ファンが多いのは恐ろしい。それは筋違い。

ご懐妊のリークも「このタイミング?絶対何か企んだんだろう!」とか言われているが、
秋篠宮両殿下が流したわけではない。

確かに紀子妃殿下ほうが生き方上手と言える。
結婚までの23年間も結婚後も何一つ無駄なことをしていない。
でも、生き方上手な人を僻んで文句ばかり垂れていても幸せにはなれない。
生き方が誠実で一生懸命ってことの結果として、上手くいった=上手
紀子妃殿下を嫌いな人が、世渡り上手などと妬み蔑みするが、
紀子妃殿下のやり方は、誠実 それにつきる。

一方、雅子妃は無責任。上手くいけば私のおかげ。失敗すれば誰かのせい。
彼女自身が自分の人生に向き合って、どんなに不器用だろうが自らの手で
自分の人生の舵を取ろうとしたことは、結局まったくない。引きこもり以外は。
紀子妃殿下が生き方上手と言っても、紀子妃殿下の道は茨の道。
常に努力と精進が必要な、下手に自分を甘やかして手を抜いたらそれ以上先には進むことが出来ない道。
楽して自分を甘やかしてきた人が「私は生き方が下手だから」と思っているとしたら、
それは怠惰。妬むのはお門違い。
特に伝統的な分野で最初から型を無視した自己流をやろうとするのは愚の骨頂。

―・・―・・―・・―・・―・・―・・―・・―・・―・・―・・―・・―

コメント(転載)

秋篠宮殿下は、公務とはどうあるべきか、ご自身の考えを述べられただけ。
天皇皇后両陛下に会見の内容を相談されている。
そのご意向を受けて「皇太子の“人格否定”会見もあらかじめ陛下に相談してほしかった」と言われたのだと思う。
「あえてこの時期」だからこそご懐妊の努力をされていたと思いますよ。何が悪いの?
今まで都市伝説まがいの誹謗中傷を受けてきた紀子さまの方がよっぽど「おかわいそう」です。

うちの実姉と義姉はどちらも憎々しげに紀子さまを罵ります。
遠隔地に住んでいる二人がまったく同じような事を言うわけね。
で、話聞くとどちらも在日が周りにいる。
中絶話なんかどっちも知り合いの看護婦がいるんだから笑っちゃう。
だまされるのは結局低脳なんだよ。

雅子さん擁護派って周りが何をすれば満足するんだろう?
百万歩譲って周囲、特に秋篠宮家が雅子妃に対して思いやりがないというなら、雅子妃はどうなんだよ。
こういう連中の雅子妃考察って美智子様像を拝借している上に
優秀伝説を金科玉条のごとく信奉しているから当てにならない。
発病前から祭祀をさぼったり、公務中に居眠りしているのをバッチリカメラに撮られたりしたのも
彼らの脳内ではなかったことになっているみたいだし。
とにかく、悪いのは全部周りの人間だから、みんな東宮家の味方であって然るべきだと思っているし。
でもこの設定がいつのまにか公式になって 「秋篠宮家は悪い子」と内外に吹聴し出すわけだな。

勝手な被害妄想、陰湿きわまる罵詈雑言
そういう継続的な悪意は地道に周囲の悪念を吸い寄せ続けているよ。

自分に関する利害でそうなるなら仕方なくも思うが、ただの妄想でそうなるのはあほらし過ぎる。
心に報復癖の闇を抱えているんだね

何が何でも継承権の「け」の字もない愛子に継がせようなんて考えているんだろうな。
これこそ皇位簒奪

どこかのブログのコメント欄かなんかで
「秋篠宮が金のブレスレットをしていたのが気に入らない。
税金で食べているのに贅沢!」と書いているのを見かけたが
じゃあ公務も祭祀もしない東宮家で、税金を使って遊びまわっていることには
一切言及しないのはなんでだろう?と思ってしまった。

宮内庁御用達のお店の本で、御所や宮家に出入りしてるお米屋さんも
眞子様佳子様と遊んだとか、香淳皇后に声かけてもらったとか
美智子様や紀子様に挨拶してもらったとかコメントしてたけど雅子さまだけスルーだった。

紀子様の話って、医療関係から出てる話が多いね。
「医療関係者」の渋谷氏(小和田節子の夫)が発信元なんだよね。

皇太子と雅子さんの言動を書けばそのままネガティブになってしまう。
それを苛められていると受け取る擁護者はあることないことを言って
天皇皇后両陛下や秋篠宮御一家を貶めようとする。

川嶋辰彦氏について、
「実は講師だったけど、妃殿下の父がそれでは、体裁が悪いから昇格。
つまり、紀子様の結婚のために、川嶋父は教授(助教授)に昇格できた」なんて話を聞いたのですが…
川嶋氏が学習院の教授になったのは、1976年。
…いつ頃聞いた話か忘れたけど、あんな根も葉もない噂を流していたのは誰なのだろう。

紀子様の父、川島辰彦教授が嫁ぐ娘にはなむけされた言葉。
「熟慮の末にたどりついた結論を尊重するように。加えて、その帰結は甘受するように」と。
どんな時も、自分が選んだ道ならば、かくありたいものである。

雅子さん擁護の人達が、秋篠宮ご夫妻のことを気楽な立場のように言うのを目にするけど、
天皇家のしかも長男の嫁として、一体何をしたというのだろう。
天皇陛下に口答えをし、自分の至らなさを認めることが出来ずに、それを皇室のせいにする。

雅子さん擁護って、雅子さん叩きされて
「お前らがたたいている雅子さまはこんなに素晴らしい事をしています。」と
反論してくれればいいだけなのに
意味不明に「キコはーー」って持ち出してくるから哀れなんだよね。
雅子さんより雅子さん擁護バカが死ぬほど嫌い。

雅子さんの結婚前の不行跡を他人になすりつけるのはいい加減おやめなさい。
もうばれていますよ。

紀子妃の母方の祖父は指圧療法院を開いていました。
でも、それを言うんなら雅子妃の曾祖母は産婆でした。
産婆というのは当時賎業で、すぐお隣の富山では部落民のする仕事でした。
それに、紀子妃の祖父は元満鉄の技術者で戦後脊椎の矯正の機械を発明。
特許をとって整体の仕事を始めたのです。
自分でも仕事に誇りを持って、マスコミにも語っていました。
紀子妃の祖父がアンマ師だという人に限って
雅子妃の曾祖母が産婆であったこと、江頭家のルーツについては何も言いませんね。

礼宮は、ある日突然「コウセキ離脱」を持ち出した←皇太子殿下が会見ではっきりと否定しています。

皇室が長兄相続だと主張=日本人ではない

雅子さんの擁護者がうさんくさすぎる。
決して彼女の病気の理解を求めるのでなく、周囲の人間を貶めまくっているのはどういうことか。
もし、本当に彼女が病気であったとしてもこのような擁護者がいるかぎり
多くの人を信じさせることはできないでしょう。

> だから鯰の誕生日会見で紀子が「ワタクシはこんなにうまくやっております」と言うのを聞いて、
> いっぺんに嫌いになった。
ちゃんと会見みた?
秋篠宮さまが、皇室に伴っての苦労について、言い募ろうとしたのを
紀子さまが「規模が…」と言葉をはさんでお止めになったんだよ。
(秋篠宮殿下が、それを受けて「確かに東宮御所という大きい組織に比べれば…」と言葉を継がれた。
「規模が…」は会見で文章化されてないけど、それを踏まえて読んでみて)

東宮家と秋篠宮家とは規模が違うから、雅子さまの苦労を推し量れないということだよね。
その上で、自分も慣れないことが多く不安や戸惑いもあった、
しかし両陛下をはじめとする周囲の人が支えてくれてここまで来たっておっしゃることは、
事実である以上、そう言うしかないんじゃないの?