愛子さま不登校関連 web

八幡和郎 時事解説第185回
http://www.yawata88.com/jiji18501.htm
愛子さま不登校問題
どういう事情であるにせよ、東宮サイドからあのような形で記者会見したことは、
普通に考えればいいことなどあるはずもなく、
よほど何か別の深刻な事情でもあるとか、転校などへの布石だとかいうことがあるのではないかと推察する。
そもそも、普通の子と同じように学校生活を送らせたいなら、
有名人の子どもの身に起きることと同じことは起こるのは避けがたい。
それは皇室でなくとも、金持ちでも政治家でも芸能人やスポーツ選手の子でも同じである。
そのことで、(公立校に行かせたくてもあきらめるなど)通学する学校が制約されたりするのも、
転校などに至るのも珍しいことではない。
どうしても、それがいやな親はアメリカン・スクールに入れたり、外国の学校に行かせることもある。
もちろん、私立でしかも学習院なのだから、普通以上の配慮はするだろうし、
クラス編成上の工夫とかもするだろうし、それは間違ってもいないが、
それ以上に、子どもたちにいたずらをいっさいしないようにさせるなど無理な相談だし、
それに対して必要以上の対応をするのも間違いだ。
どうしても嫌な思いをしたくないなら、一般の子どもと隔離するようなやり方をするしかない。
かつて、京都府立第一高女に皇族の子がいて、休み時間は別室で過ごしたそうだが、
やるなら、そこまでやるしかない。
だが、開かれた皇室で、普通の子どもとして育てたいなら、普通に起きる問題も甘受するしかない。
さらに、愛子さまは、現行法制では皇位継承候補でもなんでもないのであって、
公務も結婚までの限られた期間だけのことしか予定されていないのであるから、
それほど特別に一般人と違う教育を求める理由もない。
そして、この問題は、東宮太夫など役人の問題でなく両殿下の問題だ。
皇室というものが批判の対象としてほかの公人と同じようになるのかどうかについては、
いろいろな意見があろうが、かなり控えめにすべきであることが合理性をもつのは、
国の象徴である両陛下に限られてよいのではないか。
ほかの皇族については、それなりの敬意は払われるべきだろうが、
あまりアンタッチャブルすぎるのがいいとは限らないと思う。
とくに、ヨーロッパの王室のように開かれた存在であることを希望されるなら、
厳しく執拗な批判も同じように甘受されるしかないのではないか。
都合の良いいいとこ取りは無理なのだ。
いずれにせよ、陛下が犠牲になる子供が出ることがないようにと仰ったのはきわめて適切であるが、
本来、これは東宮サイドから先に言うべきことであった。


2010-03-12 デヴィの独り言 独断と偏見
http://ameblo.jp/dewisukarno/entry-10479345167.html
ワガママ皇太子妃にワガママ ・ プリンセス?
皇太子ご夫妻のご長女で、学習院初等科2年生の愛子さまが、不登校になられたことを東宮御所が発表。
学習院側には、 前もって何の相談もなしに、発表する旨をFAXで一方的に知らせてきた由。
イスタンブール(アンビリーバボー)と、 バリ島(ザ・ハウスルール)のロケから
昨日の朝に帰ってきたばかりの私は、 びっくり致しました。
複数の同学年男児の ゛乱暴な振る舞い゛ により、登校出来なくなったそうですが、
全世界に広がるまでのニュースになるとは!
それも一方的に、 まるで愛子さまがいじめにあっているような書き方。
東宮御所の方々は一体何を考えているのでしょう。
どのニュースを探しても、 愛子さまが個人的に攻撃を受けた事はないと否定しています。
カバンを投げあったり、 廊下をかけ足で走ったりなんて、
小学校1、2年生では、 よくある男子児童同士のいたずらに過ぎません。
これでは未来ある元気な児童達がかわいそう。
過剰な東宮御所の犠牲になってしまう恐れがあります。
授業中でないのですから、 男の子ならこれ位の元気であるのは当たり前。
子供達はのびのびと育てられるべきです。
学習院はお受験の難関校として知られているそうですが、
好感度の高い学校がこんなことで、 ニュースになるとは。

世間の人は思います。
何故愛子さまだけが、 このようにリアクトしたり クレイムするのかと。
他の女子児童は一人として何も言っていませんのに。
愛子さまは、 それでなくともよくお風邪をめされたり、 熱をだされたり、
今までもよく休校されたり、 予定をキャンセル/ 延期されたりされていました。
その度に私は思いました。
東宮御所の方達は、 一体何をしているのでしょうと・・・
6~70名もいる従業員に守られている筈のプリンセスが、何故 頻繁に風邪をめされ、
挙句の果てには天皇や皇后両陛下に拝謁することをキャンセルすることを余儀なくされたりして、
両陛下に落胆をお与えしてしまうのか、 と。
今度はこんな騒ぎを勝手に発表し、傷つく男子児童達やご家族がいると承知していながら、
こんなプライベートな問題を公に発表したのは、 愛子さまのため?
逆効果ですよ。
普通の家庭では、 そんな事位で学校を休んでは駄目と、親が子供を叱りつけます。
皇太子ご夫妻は、 このことをどのように受けていらっしゃるのでしょうか。
イギリスの王家では、 プリンスが従軍し、戦地の しかも最前線にまで行っています。
私は不安でなりません。 日本は一体どうなってしまうのかと。
40年間の外国生活を経て日本に戻った私は、カルチュアル ・ ショックを受けました。
日本の国旗をあげない、 国歌を歌わない学校がある、 と。
「仰げば 尊し」 も忘れ去られている・・・
日本人、 日本民族に皇統 ・ 天皇制は絶対です。
天皇は日本の政治 ・ 経済 ・ 文化の中心として2670年続いてきました。
日本民族は天皇によって統一され、 心の支えとなっています。
この天皇制がなくなってしまったら、 日本人はバラバラになってしまいます。
一昨年の暮れ、 天皇陛下が不静脈と診断され、 ご公務を休まれた時、
私はヒヤっとしました。 もし天皇陛下に何かのことがあったら、皇太子様が即位されるのが自然の成りゆき。
でもこのままでは雅子妃には、 皇后陛下はつとまらないのでは、では、 どうなってしまうのか・・・と。
「えっ 日本は終わり?」 みたいな大不安に陥りました。
そして、 とてもやり切れない気持ちになりました。
小和田家の人々と会うほうが、 両陛下にお会いする機会より多い。
まるで小和田家の婿になったような皇太子様も、 頼りなしにみえました。
東宮御所は、 皇太子妃雅子様を守ろうとする父君が、
小和田家の息のかかった方々に かためさせているという説まで噂になっています。 
そのため、 千代田城と東宮御所が対立しているとも。
正田家と小和田家の差が、 ここまで出てきています。 
小和田家のインフルエンスのために、皇統が危ぶまれることがあってはならないと思います。
優秀きわまりない前途有望な雅子さまが、 苦痛を味う境遇には、
限りない同情を憶えますが、 雅子さまには皇太子さまとご結婚なさる時、
皇太子妃となる認識とご覚悟はなかったのでしょうか。
宮内庁によると、 両陛下からは、 愛子さまや皇太子ご夫妻を気遣うとともに、
事柄が学校や他の児童にもかかわることから、十分に配慮を払うことが必要ではないかとのお話があったとのこと。
また、 皇太子殿下ご夫妻のプリンセス愛子さまと、秋篠宮殿下ご夫妻のプリンス悠仁さまとのご待遇は、
あまりの差が感じられます。 
悠仁さまに 愛子さまご同様のご待遇を差しのべるべきではないでしょうか。
現在日本の皇室、 髄一の男子なのですから。
皆様、 言い難い話題だとは思いますが、 どうお考えですか?


森口朗公式ブログ
2010-03-09 愛子内親王の不登校問題
http://d.hatena.ne.jp/moriguchiakira/20100309
愛子内親王が不登校状態だとの報道が先週の金曜日にあった。
東宮太夫(※原文ママ)は「いじめ」の存在を示唆し、学習院は明言は避けながらもこれを否定した。
報道もネット内も様々な意見が飛び交っているが、自分なりに問題点を整理しておきたい。
この手の問題に限らず、問題点を整理する際には、明確な事実、推測できる事実、
意見や主張を区分することが大切である。
東宮太夫と学習院の発表に齟齬があるのだから、そういった姿勢はなおさら重要だ。

明確な事実
1 愛子内親王は不登校状態にある。
2 愛子内親王の不登校原因を東宮サイドは「別のクラスの男児によるいじめ」が原因であると発表した。
3 学習院は「別のクラスの男児による粗暴な行動」は認めているが、特定のいじめは把握していないと発表した。

推測される事実
1 学習院が「別のクラスの男児によるいじめ」の事実を把握しているにも関わらずそれを隠蔽しようとした。
2 (1に加えて)東宮サイドが学習院の隠蔽に対して抗議する意味を込めて「いじめ」の事実を発表した。
3 (1・2とは逆に)東宮サイドが「いじめ」の事実が不明確であるにも関わらず、
不登校の原因と責任を特定の男児に押し付けようとした。
4 「1および2」であれ「3」であれ、東宮サイドには愛子内親王の親である皇太子夫妻の意向
又は了解が存在する。

私見
推測される事実の内「1、2、4」が真実だった場合 
東宮サイドのお気持ちは理解できるが、将来の天皇になるお方として皇太子の行動はあまりに軽率である。
一般国民に向けた発表を行う前に、愛子内親王への警護を強化するなど対応はいくらでもあったはずだ。
小学校2年生で、皇族へのいじめ加害者と特定された児童や保護者の立場を考えれば
このような行動は控えるべきである。
「うちの子供がいじめれているのに学校が対処してくれません」という訴えは他に手段のない一般人の行動だ。
将来の天皇皇后として、いっそうの人格的修養を積まれることを切に願う。

推測される事実の内「3、4」が真実だった場合
皇太子夫妻は正真正銘のモンスターペアレンツである。
天皇皇后になるという重責は辞退されるのが日本国のためである。
推測される事実が「1,2」又は「3」のみが真実で「4」が真実ではない場合
(皇太子夫妻が発表に関与していない場合)
東宮太夫の発表は、皇太子夫妻があたかも人格的に未熟な親であるがごとき錯覚を国民に与えた。
東宮太夫を即刻、免職処分にすべきである。

さらなる推測と私見
私は以下の事実から愛子内親王には軽度の発達障害がある可能性が高いと推測している。
1 2歳児の際に本を読みながら皇太子とコミュニケーションが全くできていなかったこと
  (親とのコミュニケーションがとりにくいというのは軽度障害児によく見られる特徴である)
2 幼稚園年長児の運動会のときに、玉ころがしで往復するというルールを理解できていなかったこと
  (知的発達という点で通常の健常児よりも遅れ気味である)
3 小学生であるにも関わらずきちんとしたお辞儀ができず、常に大人に手をつながれていること
  (突発的な行動は軽度障害児にありがちであり、それを阻止するためかもしれない)
4 小学校に2年生でもクネクネする癖が直らない
  (軽度障害児にありがちな態度である)
5 今回、不登校となったこと
  (軽度障害児は一般児童よりも不登校になりやすい)
6 学習院サイドの発表で「こわい思いをしたことを思い出したのだろう」という発言があったこと
  (時間の観念が乏しい軽度障害児にありがちな反応である)
 もし、この私の推測が真実であるならば、東宮サイドには是非そのことを公表してほしい
重度な障害児のいる家庭はもちろん大変な思いをされているが、
小学校になんとか入学できる程度の軽度障害児のいる家庭の不安には特別なものがある。
皇太子夫妻が愛子内親王の軽度発達障害をカミングアウトし、
この事実を積極的に受け入れる姿勢を国民に示すことができたとすれば、
雅子妃殿下の適応障害への対処(仕事はできませんが遊びはしたいですという医師団発表)により
完全に喪失した国民への信頼を回復することができるだろう。