雅子妃の女官長4年ぶりに決まる

4年半ぶりに決まった「雅子妃の女官長」のお役目
4年半という空白の時間にピリオドが打たれた。
皇太子妃に仕える東宮女官長。長きにわたり不在という異例の状態が続いていたが、
7月31日の閣議で西宮幸子氏(58)の就任が決定されたのである。
女官長は雅子さまに仕える側近で、国内外のご公務に付き添う渉外役を担う。
採用にあたり大事な条件があると話すのは、皇室ジャーナリストの神田秀一氏だ。
「昼夜を問わず妃殿下に一心同体でお仕えするため、
私生活に負担がないよう、これまでも独身女性が選ばれてきました」
前任の木幡(こわた)清子氏も、シリア大使を務めた木幡昭七氏の未亡人。
ご主人が雅子さまの実父・小和田恆氏と外務省の同僚だった縁で1993年に東宮女官となり、
2003年から女官長を務めたが11年に退任していた。
「愛子さまの不登校が深刻化した時期で、東宮ではご一家を支える職員ら5人が離脱をして世間を騒がせた。
療養中の雅子妃との意思疎通が不十分だったと言われています」(宮内庁記者)
この7月にトンガご訪問を果たし、ご回復の兆しを見せる雅子さま。西宮氏は重責を果たせるだろうか。
「彼女は津田塾大を卒業後、銀行勤務を経て外交官の西宮伸一氏と結婚しますが、
彼は民主党政権下の12年、中国大使に任命された直後に急死してしまいました。
子供たちも独立し、雅子妃のお世話に専念できる状況にあります」(同)
専業主婦として朗らかな人柄との評判だ。夫がニューヨーク総領事として赴任した際は、
夫婦で当時ヤンキースの松井秀喜氏の表彰式に出席したことも。
茶会、朗読会などのレセプションを取り仕切るなど海外経験も積んできたが、皇室にかかわる公職の経験はない。
「人選の責任者は小町恭士東宮大夫。外務省出身の彼の周囲で了承を取り付けられた適任者は
西宮さんしかいなかったワケですが、
これで雅子妃の本格的なご公務再開に向けての体制は整った格好です」(神田氏)
特別職の女官長に定年はなく、齢70を過ぎるまでお仕えするのが通例だという。
末永く東宮ご一家を支えられるかどうかに注目が集まる。
週刊新潮 2015年8月13・20日夏季特大号 掲載
http://www.gruri.jp/article/2015/08041800/


雅子さまのお世話係新トップ就任で美智子さまのご負担軽減に
2015.08.12 07:00
「心筋虚血」の疑いがあると診断された皇后美智子さま(80才)。
6月末頃から胸の痛みを訴えられ、7月24日に心電図検査を行ったところ、今回の所見が認められた。
お体を心配する声も多いなか、戦後70年の節目となる今年、
これまで以上に強い思いとともに公務をこなされてきた美智子さまだが、
永らく1つの心配事を内に秘められてきた。
2004年7月に宮内庁が“適応障害”と発表してから、11年にわたって療養生活を送られている雅子さまのことだ。
「美智子さまのご年齢やご体調を考えても、今後、雅子さまへ期待される役割は大きい。
本格的な公務復帰への道筋が不透明ななか、
なんとか雅子さまをサポートできる体制を、とずっと願われてきたのです」(宮内庁関係者)
そんな美智子さまの思いと重なるように、7月31日、雅子さまのお世話係のトップである東宮女官長に、
西宮伸一元中国大使夫人の西宮幸子さん(58才)が就任することが閣議決定された。
女官長は、基本的に雅子さまのすべての公務に同行し、
かつTPOに合わせて雅子さまの振る舞いやお召し物のアドバイスもするという、
経験や知識を求められる重要な役回りだ。
「海外での公務もあるため、必然、外交官夫人など海外経験豊富なかたが務める傾向にあります。
加えて昼夜を問わず雅子さまにお仕えするため、
独身で、子供も独立しているといった暗黙の条件もあるんです」(東宮職関係者)
実際、前任の木幡清子さんは、シリア大使だった木幡昭七さんの未亡人。
西宮さんの夫も、2012年に急逝している。
ところが、2011年に木幡さんが退任して以降、実に4年半もの間、東宮女官長の席は空いたままだった。
皇室ジャーナリスト・神田秀一氏はこう解説する。
「女官長に4人の女官が加わった5人が雅子さまのお世話をするというのが本来の体制です。
それに反して女官長のポストが4年半空席というのは異例中の異例のことでした。
しかし、雅子さまのご活動自体が少なかったために、大きな支障はないままきてしまっていたのです。
一方で、雅子さまが本格的に公務に復帰されるとなれば、
人手が足りなくなることが容易に予想されていました。そのため喫緊の新体制が求められていたのです」
今年5月には、こどもの日の公務を両陛下から引き継がれ、7月に皇太子さまと訪問されたトンガでは、
当初予定されていなかった在留邦人との懇談にも急遽出席された雅子さま。
確実に快方へと向かわれている。神田氏が続ける。
「雅子さまが公務に積極的になられ、かつその雅子さまを支える女官たちの体制も整いました。
美智子さまにとっても、長年の気がかりが払拭され、ご安心なさっているのではないでしょうか」
雅子さまへのサポート体制こそ、美智子さまへのサポートにつながる。
※女性セブン2015年8月20・27日号
http://www.news-postseven.com/archives/20150812_341088.html


4年にわたり半空席だった東宮女官長が決定 雅子さまに好影響
2015.09.06 16:00
8月24日、雅子さまは皇太子さま、愛子さまとご一緒に那須御用邸(栃木県)へと向かわれた。
ご一家は近くにあるステンドグラス美術館に足を運ばれたり、
別の日には、那須どうぶつ王国へもお出かけになった。
「肌寒い日でしたが、雅子さまは晴れやかな笑顔を見せられていました。
ビントロングという猫の仲間の動物と触れ合う愛子さまへの優しいまなざしも印象的でした。
乗馬体験のコーナーでは、居合わせた人に馬上から笑顔で手を振るなど
終始リラックスされたご様子でした」(皇室ファン)
その表情からは、雅子さまの今夏の充実ぶりも窺えた。
7月には、2年ぶりとなる海外公務でトンガ王国を訪問。
当初は予定になかった在留邦人との懇談にも出席され、
帰国後には、普段は慎重な言い回しが多い小町恭士東宮大夫が
雅子さまのご様子について、“お出ましを積み重ねられていることは望ましいことです”と述べた。
「4年半にわたって空席だった雅子さまのお世話係のトップ・東宮女官長に
西宮幸子さんが就任したことも好影響のようです。
那須では西宮さんと談笑されるご様子も見られましたが、明らかに快復の兆しが感じられます」(皇室記者)
※女性セブン2015年9月17日号
http://www.news-postseven.com/archives/20150906_348588.html


文藝春秋2016年10月号
昨年八月、皇太子ご一家が那須でご静養された際には、宮内庁担当記者を驚かせる場面があった。
「雅子さまは、愛子さまやそのお友達と一緒に那須どうぶつ王国を訪れたのですが、
ある女性と驚くほど楽しそうに談笑されていました。
ママ友かと思ったのですが、東宮女官長に就任したばかりの西宮幸子さんだったのです。
笑いがとまらないといった雅子さまのご様子から、
二人が打ち解け、信頼しあっていることが窺えました」(宮内庁担当記者)
昨年七月に西宮氏が就任するまで、約四年にわたり、東宮女官長のポストが空席という異常事態が続いていた。
その期間には、愛子さまの不登校が続いており、東宮職員の相次ぐ辞職も表面化。
雅子さまと側近の意思疎通が上手くいっていないとも言われていただけに、
西宮女官長との相性の良さは周囲に歓迎された。
「西宮さんは元中国大使の故・西宮伸一氏の未亡人。
銀行勤務の経験もあり、膝上スカートのスーツもさらりと着こなしています。
サバサバした性格で、元外務省の雅子さまとウマが合うのではないでしょうか。
ある東宮職員は『妃殿下がオンタイムで動いてくださるようになり、仕事がやりやすい』
と士気も上がっているようでした」(同前)

皇族お気に入りの職員は、珍しいことではない。
過去にも皇太子が手放さないと言われた内舎人(うどねり 侍従の下のお世話係)や
秋篠宮のお気に入りの職員がいて長く異動しないケースがあった。
彼らは天皇家のいわば使用人であり、侍従長や女官長という上司はいるものの、
日常の仕事の差配は天皇皇后、皇太子ご夫妻が直接なさることも多い。
「皇后陛下は指示がこまかく、女官や侍従を厳しく叱られることがよくありました。
ただ職員に対する気遣いもあって、歌会始のあとに女性職員を全員集めて小正月の宴をもたれたり。
御餅つきをしたり、フォローも欠かしません。
やはり御所全体としてうまく行くかどうかは皇族方の仕切り方に関わってくるところが大きい」(前出・OB)
皇后にお仕えする女官長は、旧華族からの登用が多い。
歴代の顔ぶれを見ると、井上和子、濱本松子の両氏は明治の元勲。木戸孝允の子孫で叔母と姪の関係。
現役の伊東典子氏は大久保利通の曾孫である。
対照的に、現在の雅子さまに仕える東宮女官は外務省人脈が目立つ。
前述した西宮氏だけでなく、前任の木幡清子氏も元シリア大使夫人、
その夫は雅子さまの父・小和田恆氏と親交が厚かったという。
一方、侍従と東宮侍従は、厚生労働省、警察庁などの旧内務省系、
あるいは文部科学省や外務省からの出向組が目立ち、京都市役所や東京ガスの出身者もいる。
しかし、なぜか宮内庁生え抜きのキャリア組は見当たらない。
宮内庁に理由を尋ねると「特に理由はありません」というが、
そもそも庁全体に生え抜きキャリアが四名しかおらず、他省庁からの人材供給に頼らざるをえない状況ではある。
「昭和天皇の時代は、五十年の長きにわたって仕えた入江相政さんや徳川義寛さんのように
゛天皇の臣下゛であるという意識を持った侍従がいましたが、
現在は公務員気質の人ばかりで、それほど皇室に愛着を持つ人は多くありません」(前出・OB)
近年、存在感を増しているのが外務省だ。
「宮内庁では侍従職、東宮職、式部職という三つの部署を総称して『三職』と呼んでいました。
現在、この三職のトップと宮家を統括する宮務主管を含めた四ポストが全て外務省出身者で占められています。
これは平成になって外国訪問や海外からの賓客が増え、
それに伴って外務省が庁内で勢力を伸ばしてきたためでしょう」(山下氏)