雅子さまとインドネシア

雅子さまは一貫してインドネシア無視

●2006年夏のオランダ静養
オランダに旅立ったのは8月17日。
インドネシアの独立記念日である。
インドネシアはオランダの圧政に苦しんでいた。
インドネシアから要人が訪日したときも、
その公務は欠席して、同じ日にオランダ関連の催し物のために外出
意図的なのか、偶々なのかは不明だが
皇太子妃の立場を考えれば、配慮が足りないと言われても仕方がない。


●インドネシア大統領国賓として来日
2006年11月26日~11月29日(水)
インドネシアユドヨノ大統領夫妻を迎えた歓迎行事(皇居宮殿)
27日 宮中晩餐会(皇居)

皇太子妃殿下ご日程
11月26日 私的テニス 内宴ご欠席
   27日 私的乗馬 宮中晩餐会ご欠席
   28日 私的お出掛け「ジュエリーの今 変貌のオブジェ展」
   29日 オランダ大使公邸でホームコンサートとディナー


11月28日
雅子さまがジュエリー展へ
皇太子さまと皇太子妃雅子さまは28日午前、
東京都千代田区の東京国立近代美術館で開催中の展覧会
「ジュエリーの今 変貌のオブジェ」を私的に鑑賞された。
展覧会は戦前から現代までの指輪や首飾りの変遷をたどったもの。
2006年11月28日12時44分


週刊文春2006年12月14日号
▼またも「晩餐会欠席なのに“乗馬”」に涙した東宮大夫 
その会見も後半になった頃、皇室取材歴20年という朝日新聞のベテラン記者から厳しい質問が飛び出した。
予期せぬ“朝日からの反撃“に、東宮大夫もたじろいだようだ。
「『インドネシア大統領という国賓が来日していた今週、雅子さまは26日にテニス、27日に乗馬、
28日にジュエリー展、29日にホームコンサートご鑑賞と、続けて私的な外出をされている。
特に宮中晩餐を欠席された27日の乗馬は、皇族として控えられるべきところで、
東宮職も説明責任を果たさないと国民の理解を得られないのではないか』という趣旨で、
多くの記者も気になっている内容でした。野村東宮大夫は、苦りきった表情で
『ご指摘は受け止めます。乗馬は治療の一環ですがいつどんなときにやってもいいというわけではありません』
と歯切れ悪く回答していました。
いつもはがらっぱちな物言いで、記者への切り返しも巧みな野村さんですが、
珍しく恐縮して“こちらも大変なんだ。わかってほしい”と言わんばかりに目を潤ませて訴えていました。
彼は外務省出身で国賓の重要性はわかっているので、非を認めた格好でしたね」(同前)
雅子さまは、今年の初めの歌会始の日に乗馬をなさったこともあったが、
これは千代田側からも問題視されていた。
千代田の反応に気を遣う東宮職のトップとしては、痛いところを突かれたのだ。
今年の誕生日は負担が軽くなるよう配慮している。
雅子さまは体調維持のために定期的に散策乗馬テニスをしているが、
11月は来年の歌会始のための進講、愛子さまお誕生日の撮影、雅子さまお誕生日の準備と忙しく、
一度も乗馬しなかった週もあった。晩餐会欠席乗馬はそのしわ寄せによる仕方ないスケジューリングだった。




●平成27年3月
インドネシアのジョコ大統領ご夫妻来日
昼食会後の、東御苑へのご案内は陛下は風邪のため、とりやめ。
皇后陛下と皇太子殿下、秋篠宮両殿下がご案内。
陛下はお風邪の為、栃木での静養をとりやめられた。
雅子さまは、インドネシア大統領関連のことには一切出席せず、長野へ旅立った。
(1週間前の3月16日には潘基文夫妻との懇談には出席していた)


2015.3.23 12:59
陛下、公務の一部をお取りやめ 御料牧場でのご静養も 風邪の症状続かれ
宮内庁は23日、天皇陛下に熱などの風邪の症状が続いているため、同日午後に予定していた
インドネシアのジョコ大統領夫妻を皇居・東御苑に案内するのを取りやめられたと発表した。
皇居・宮殿での大統領夫妻との会見と昼食会には予定通り出席された。
宮内庁によると、陛下は21日から風邪の症状がみられ、同日の宮中祭祀(さいし)での拝礼を控えられた。
22日には、4月のパラオ共和国ご訪問を前に先の大戦で同国ペリリュー島から生還した元日本兵2人から
皇后さまとともに話を聞いたが、発熱などを理由に冒頭の5分で退席されていた。
大統領夫妻の東御苑への案内は、昼食会に陪席した皇后さま、皇太子さま、秋篠宮ご夫妻が対応される。
両陛下で24~26日に予定していた御料牧場(栃木県高根沢町・芳賀町)での静養も取りやめ、
皇居・御所で安静にされるという。
http://www.sankei.com/life/news/150323/lif1503230030-n1.html


2015.3.23 16:30更新
皇后さま、インドネシア大統領夫妻に同国ゆかりの皇居のコイご紹介 
陛下は風邪で同行お取りやめも皇太子さま、秋篠宮ご夫妻と
皇后さまは23日午後、インドネシアのジョコ大統領夫妻を、皇居・東御苑の「二の丸池」へ案内された。
池には天皇陛下のご発案から生まれたインドネシアゆかりの
「ヒレナガニシキゴイ」約30匹が飼われているため。
陛下は風邪のため同行を取りやめられたが、大統領の隣に皇太子さま、大統領夫人の隣には皇后さまが立ち、
にこやかに歓待してコイを紹介された。秋篠宮ご夫妻も同行された。
このコイは、インドネシアのヒレナガゴイと日本のニシキゴイをかけ合わせては、
という陛下のご提案から、日本で作られた品種。
この日、和服姿の皇后さまは、大統領夫妻にコイなどを紹介しながら、池の周りで歓談された。
皇后さまが手をたたく音でコイを呼び寄せられると、
大統領夫妻も笑顔で手をたたいてコイをのぞき込み、一緒にエサのパンを投げ入れた。
陛下は、これに先立つ皇居・宮殿での大統領夫妻との会見と昼食会には皇后さまとともに出席された。
昼食会には皇太子さま、秋篠宮ご夫妻も陪席された。
http://www.sankei.com/life/news/150323/lif1503230034-n1.html


同日、皇太子ご一家
長野でご静養
2015.3.23 22:43
皇太子ご一家、ご静養で長野に
皇太子ご一家は23日、静養のため、車で長野県入りされた。
県北部のホテルに数日間滞在しスキーなどを楽しまれる予定。
学習院女子中等科1年の敬宮(としのみや)愛子さまは20日に終業式を終え、春休みに入られている。
http://www.sankei.com/life/news/150323/lif1503230044-n1.html


デヴィ夫人「皇太子位移譲」唱える