ハスの葉クイズは小和田雅子作ではない

成婚当時、環境サミットでの「ハスの葉」の竹下氏の演説は
外務省職員の小和田雅子さんが書いたと言われていたが
真相を竹下氏自身が講演で語っている。

小和田雅子さんが演説の原稿を書いたのではなく、
「ハスの葉」の元ネタが載っていたローマクラブの本を
外務省のグループ(雅子さん含む)が見つけ、それを外務省が竹下氏に紹介したというのが真相。


竹下氏の基調講演
地球環境問題と国際協力 竹下登氏(元首相)
「地球は窒息死寸前」自覚しよう
環境問題を論じるための教科書がないかと外務省の職員に相談をしたら、
ローマクラブが七二年に発表した中に「ハスの葉クイズ」があった。
「ハスの葉は一日に倍大きくなる。三十日たったら池が覆われて魚は窒息死する。さて半分覆われるのは何日か」。
(答えは)倍々だから二十九日だが、「今、地球はそこまで来ている」というくだりがあった。
これを見つけてくれた人にお礼をと局長に尋ねたら、
「小和田(雅子)事務官らがグループで勉強していた」との話だった。
この小和田事務官は、今や皇太子妃。
大変いいことを教わったと、私は心ひそかに誇りに思っている。