静養開始 軽井沢へ

◇帯状疱疹

2003年(平成15年)11月22日(土)
皇太子同妃両殿下 第5回「朝日のびのび教育賞」祝賀会(朝日新聞東京本社)
平成15年最後の公務。
翌23日には風邪をひいたため、公務を休むと発表されている。
翌月12月2日に発疹が出て、3日に帯状疱疹のため2~3週間静養するとの発表


2003年(平成15年)12月
雅子さま帯状疱疹-公務控え2~3週間治療
宮内庁は3日、皇太子妃雅子さま(39)が帯状疱疹(ほうしん)と診断されたと発表した。
当面公務を取りやめ、治療に専念する。9日に40歳の誕生日を迎えるが、祝賀行事はすべて中止する。
2日夕、頭の後ろと下あごに痛みを伴う発疹(はっしん)が出たため東宮侍医の診察を受け、
3日午前、外部の皮膚科医が正式に診断した。
同日午後から住まいの東宮御所(東京・元赤坂)で点滴治療を開始。今後2、3週間は1日3回の点滴が必要という。
治療に万全を期すため、宮内庁病院に入院する可能性もあるとしている。
帯状疱疹は水ぼうそうウイルスで発症することから、東宮御所では長女愛子さま(2)との接触を避けているという。
雅子さまは11月23日、のどの痛みやせき、微熱を訴え、風邪と診断されていた。
愛子さま2歳の誕生日だった今月1日は、ご一家で皇居・御所に天皇、皇后両陛下を訪問。
側近は「この時は元気な様子だった」としている。
発疹が出た2日は公務や行事はなく、1週間後に控えた自身の誕生日に向けた準備をしていたという。
側近トップの林田英樹東宮大夫は夏ごろから、雅子さまについて
「皇太子妃としての重責と、第一子の養育で、疲労が蓄積している」と記者会見でたびたび言明。
地方訪問などは皇太子さまだけで出掛けることが増えていた。
http://www.sanspo.com/shakai/masakosama/2003/sha2003120406.html


<雅子さま>「心身の疲労が蓄積」休養の所感発表
宮内庁は9日、体調がすぐれずに休養中の皇太子妃雅子さまが、宮内記者会の求めに応じて記した所感を発表した。
雅子さまは昨年12月に帯状疱疹(たいじょうほうしん)で宮内庁病院に入院したことについて、
「十年余前の結婚以来、慣れない環境の中での大きなプレッシャーのもとで、
これまで、私なりに一所懸命努力してきたつもりでございましたが、
その間の心身の疲労が蓄積されていたことの結果であったのではないかと感じています」と心情を吐露した。
そのうえで、「敬宮(としのみや)の誕生以来、公務と育児を両立させるよう努力してまいりましたが、
昨年の春以降、体調がすぐれず、最近は公務を十全に果たせないような状況になってきておりました」と振り返った。
また、「公務などを休まなければならないことは、心苦しいこと」として、
「体力と気力を充実させ、もとの元気な自分を取り戻した上で、
なるべく早く公務に復帰して務めを果たすことができるように努力したいと思います」と心境をつづっている。
雅子さまは先月4日から8日まで宮内庁病院に入院し、退院後も新年の祝賀行事などへの出席を取りやめている。
同庁によると、今年春ごろまで公務を休むという。
(毎日新聞)2004/1/9


テーミス2004年7月号
新聞が伝えない「雅子妃騒動」の深層
(愛子さまの誕生日の)翌12月2日、帯状疱疹と発表されたが、それほど深刻な状態ではなかったが
格好がつかなくなった宮内庁は12月4日から8日まで雅子さまを入院させてしまった。
おまけに退院の日に雅子さまが首に巻いているストールを「皇后さまのお見舞い」とリークさせたが、
実はそのストールはもともと雅子さまが結婚前から持っていたイタリア製のルチアーノ・ソプラーニだった。


◇軽井沢へ

2004年3月25日~4月26日 雅子妃軽井沢で静養

雅子さま長野県で静養 異例の滞在地非公表
宮内庁は25日夜、皇太子ご一家が静養のため長野県内の別荘に到着された、と発表した。
雅子さま(40)が東宮御所を出て静養するのは、昨年12月に体調を崩し公務を休んでから初めて。
ご一家はこの日午後3時すぎ、カーテンを閉めた車で東宮御所を出発した。 皇太子さまは数日で帰京。
雅子さまと愛子さまは4月上旬まで滞在する。 別荘には雅子さまの親族も合流する予定という。
宮内庁東宮職は「静かな環境を確保したい」 と具体的な滞在場所を公表せず、
宮内記者会や長野県の報道各社、日本雑誌協会などに対し、
静養地での取材や場所を特定するような報道を一切控えるよう要請した。
天皇、皇后両陛下や皇太子夫妻が滞在先を明かさずに静養するのは極めて異例。
宮内庁は側近トップの林田英樹東宮大夫名で「沿道での出迎えなどはご遠慮いただきたい」との談話を出し、
地元住民へも「特段の理解と協力」を求めた。(共同通信)
[3月25日19時47分更新]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040325-00000290-kyodo-soci


雅子さまの静養長期化へ 宮内庁「春まで」を変更
宮内庁の林田英樹東宮大夫は2日の記者会見で、皇太子妃雅子さま(40)について
「必ずしも体調がいい方向にあるとは言えない」と話し、
公務を控え静養する期間が当初の見通しより長くなる可能性を明らかにした。
15日の園遊会を含め4月いっぱいはすべての公務を休むことが決定。
23日からの佐賀県訪問も予定を変更して皇太子さま単独となる。
復帰のめどについて林田氏は「今の時点で期限を言うことは難しい」と明言を避けた。
昨年12月に静養を始めた時は「春ごろまで」としていたが「現状では改めざるを得ない」とした。
雅子さまは現在、長女愛子さま(2つ)、母親の小和田優美子さん(66)と長野県の別荘に滞在中。
早稲田大の名誉博士学位贈呈式に出席するため任地のオランダから一時帰国した
父親の小和田恒・国際司法裁判所判事(71)も3月26日から29日まで一緒に過ごした。(共同通信)
http://www.47news.jp/CN/200404/CN2004040201002299.html



■雑誌記事より
・雅子妃が滞在している別荘は、1階93㎡、2階89㎡の大きな別荘。 三井の森。築三年の新しいログハウス。
別荘の所有者は小和田恒氏。(※当初、親族の持ち物とぼかされていた)
立てこもった理由は、「宮内庁長官が「秋篠宮様に第三子を期待したい」などの無神経な発言をしたため
傷つかれて、公務復帰がしづらくなった。」(皇室記者)

・食事は、ホテルから料理をわざわざ届けさせたり、優美子さんが買い物をして自分たちで作ったりしていた。
4月下旬に皇太子が別荘を訪れたときの話合い内容は、
外国訪問について国内の公務を優先させるべきなのに一切の公務を欠席 している最中に
外国訪問はまずいといった事を雅子妃に告げ、説得させるため。(ブルネイ訪問問題)
愛子さまも連れ、妹のいるスイスで静養も検討されていた。
・皇太子妃の今回の静養は異例ずくめ
滞在先を公表しない。御用邸を使わない。
御用邸ではなく、別荘滞在になったことについては雅子妃の強い意向。
女官、宮内庁職員は外部施設に寝泊りし、時々健康状態を 確認するために訪ねる程度。
雅子妃は別荘地内をドライブすることもあるが 別荘地の外には出ない。
長野県警が連日30人体制で警備にあたっている。
4月16日から19日まで皇太子滞在。その間、皇太子は3泊ともホテルに宿泊。
世継ぎのプレッシャーを一番かけているのは天皇陛下であり、
海外公務が少ないのは両陛下のせい と雅子妃は思っている。



■書き込みより
軽井沢住人「雅子さまはただの観光客でした」
小和田家のBMWを猛スピードで運転して、それも愛子さまを同乗させていた。
延長になった2週間は元気に遊びまわっていた。

雅子妃軽井沢たてこもりと同時期
小和田恒氏は小泉首相と二人だけで会い、この後女帝工作が始まる




雅子さま1カ月ぶりに帰京 「今後もしばらく静養」
長野県軽井沢町の別荘に滞在していた皇太子妃雅子さま(40)が26日夜、長女愛子さま(2つ)を伴い、
車で東京・元赤坂の東宮御所に戻られた。3月25日に別荘に入って以来、約1カ月ぶりの帰京。  
午後8時前、両窓にカーテンを引いたワゴン車で東宮御所の正門に到着した。  
記者会見した宮内庁の林田英樹東宮大夫は「自然の中で静かに、よい静養生活を送れた」とする一方
「必ずしも体調は十分に回復したとは言えない」と話し、
今後もしばらくは公務を休み、東宮御所で静養を続けるとしている。  
5月に王室の結婚式などに招かれた欧州3カ国には、皇太子さまだけでの訪問が決定しているが、
林田氏によると、雅子さまは各国からの招待に謝意を示し
「体調回復に努めてきましたが、これらの大切な務めを果たすことができず、
残念に思っています」と話しているという。
2004/04/26 13:18 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/200404/CN2004042601003759.html


皇太子妃雅子さまが1カ月ぶりに帰京  
長野県軽井沢町の別荘に滞在していた皇太子妃雅子さま(40)が26日夜、長女愛子さま(2)を伴い、
車で東京・元赤坂の東宮御所に戻られた。3月25日に別荘に入って以来、約1カ月ぶりの帰京。
午後8時前、両窓にカーテンを引いたワゴン車で東宮御所の正門に到着した。  
記者会見した宮内庁の林田英樹東宮大夫は「自然の中で静かに、よい静養生活を送れた」とする一方
「必ずしも体調は十分に回復したとは言えない」と話し、
今後もしばらくは公務を休み、東宮御所で静養を続けるとしている。  
5月に王室の結婚式などに招かれた欧州3カ国には、皇太子さまだけでの訪問が決定しているが、
林田氏によると、雅子さまは各国からの招待に謝意を示し
「体調回復に努めてきましたが、これらの大切な務めを果たすことができず、
残念に思っています」と話しているという。  
別荘では愛子さま、母親の小和田優美子さん(66)と過ごし、
時折、任地のオランダから一時帰国した父の恒さん(71)や親族も訪れた。
晴れた日には散策したり、愛車のハンドルを握ったりもしたという。  
林田氏は「静かな環境を守りたい」と、現地での取材自粛や記事で滞在町名を伏せることを報道各社に求めていた。
(共同) [2004/4/26/23:10]



週刊文春2004年5月13日号(?)
雅子妃篭城155日の真実
別荘近隣は、警備が厳重にされ、住民は「テロの声明でも出たのかしら」と思った。
父や妹の礼子さんも別荘を訪れ、久しぶりに家族水入らずの時をお過ごしになった雅子さまは、
別荘地内をドライブすることもあった。
皇太子が別荘を訪問したのは合計9日間。 別荘に滞在したのは、3泊だけであとは、近くのホテルに宿泊。
「24時間体制で警備をし、殆ど張り込みと変わりありませんでした。」
帰京の理由は「連休で別荘周辺の静寂が保てないから」
雅子さまは昨年5月18日のコンサートを欠席した頃から、公務不在が多くなった。