医師団の見解2004

雅子妃誕生日に「医師団の見解」が発表されるようになったのは2004年から

2004
宮内庁が発表した医師団の見解
環境調整と精神療法、少量の薬物療法による治療を続けており、現在の病状は回復傾向にある。
前回(7月)の病状発表のころには、一つのことが終わると、その後にお休みになる必要があったが、
現在は複数のことを続けて出来るようになった。
来年からは徐々に公務に復帰していただけるのではないか。
ただ、心身の疲れやすさは依然としてあり、医学的には回復とは言えない状態。
睡眠のリズムが整わない睡眠障害の症状も残り、引き続き投薬治療している。
今後は人目に気を遣わずに出られるような環境の中で、
気力・体力の充実につながるような私的活動を増やしていくことが重要。
強い負担を感じても、それを周囲に気付かせないように抑え、
無理をして、後で疲れが出て、心身の調子を崩すところがある。
公務に復帰し、公的に外に出られる機会が増えると、その可能性は高まると考えられ、
当面は控え気味に公務をして頂くことが望ましい。
(毎日新聞 2004年12月9日 6時12分)


林田東宮大夫
雅子さま41歳…新年行事に参加も、病状は回復傾向
病気療養中の皇太子妃雅子さまは9日、41歳の誕生日を迎えられた。
これに先立ち、宮内庁の林田英樹東宮大夫が記者会見し
「体調は少しずつ快方に向かってきている」との雅子さまのコメントを公表。
1年間休んでいる公務は、新年行事の一部に「負担の軽い形で出席される可能性がある」とした。
林田氏は、雅子さまの体調に関し「病状は回復傾向にある」との医師団のコメントもせて明らかにした。
愛子さま(3)と音楽を取り入れた運動や体操を楽しんだ後に散歩されるなど、
2つのことを続けてできるようになられた。
http://www.sanspo.com/shakai/top/sha200412/sha2004120909.html


皇太子妃殿下お誕生日に際してのご感想(要旨)
この一年間皆様にはご心配をおかけいたしましたが,
今年の誕生日をこうして迎えることができますことを何よりもありがたいことと思っております。
この間辛い時期もございましたが,皇太子様はじめ多くの方々からのお支えを頂いて,
お陰様で,体調は少しずつ快方に向かってきているように感じております。
本格的に公務を再開するのにはまだしばらく時間を要するかもしれませんが,
早く元気な姿をお見せすることができますよう,
関係者の皆様のお力添えをいただきながら引き続き回復に努めていきたいと存じます。
天皇皇后両陛下には,これまで私の病気についてご心配をいただき,温かくお見守り下さいましたことを,
深く感謝申し上げております。 また,国民の皆様より寄せられてきました温かいお気持ちは,
私にとりましてどれ程大きな力になっていることか知れません。心よりお礼を申し上げます。
最後になりましたが,今年は数多くの台風や新潟県中越地震により,多くの方々が亡くなられ,また,被災されました。
亡くなられました方々に心からのお悔やみを申し上げますとともに,被災された皆様にお見舞申し上げます。
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/02/kaiken/gokanso-h16hn.html