紀子妃殿下 絵本翻訳

紀子さまが翻訳絵本出版、23日発売
2007.10.6 19:30
秋篠宮妃紀子さまが初めて翻訳に取り組まれた英語の絵本が今月、
日本国内で出版されることが6日、分かった。
欧州の関係筋が産経新聞に明らかにした。
紀子さまが翻訳されたのは、イタリアの出版社マクレー・ブックス社が2005年に出版した
「世界の動物たち」全8巻(文=ビッキー・イーガン、絵=ダニエラ・デ・ルカ)の英語版。
邦題は「ちきゅうのなかまたち」(新樹社)。
全8巻のうち、「ビーバーのベン」と「オオカミのエリック」の2冊が今月23日に発売予定だ。
紀子さまは、子供のころの海外生活で、英語の絵本にも親しんでいたこともあり、
昨年夏に英語版を読んだ際、興味をもたれたという。
翻訳の依頼に対し「十分に役目が果たせるかを慎重にお考えになった末、
翻訳を引き受けられた」(関係筋)という。
公務に加え、出産も重なり、紀子さまは多忙を極めたが、
限られた時間の中で1巻平均約30ページの絵本8巻を翻訳した上、本の構成にも取り組まれた。
「世界の動物たち」は欧州や北米、アフリカなど、世界8地域の代表的な動物を主人公にした物語で、
4歳から小学校低学年までが対象。
動物の行動や生態について、子供たちの「なぜ」という疑問を分かりやすく解説した科学絵本にもなっている。
05年の独・フランクフルト国際ブックフェアに出品されて好評を博し、
これまでに米、仏、独、スペイン、韓国など12カ国で翻訳されているという。
同社のアンヌ・マクレー社長は、紀子さまのご翻訳に「本当にうれしく、素晴らしいできごと」と話している。
(パリ 山口昌子)
http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/071006/imp0710061930007-n1.htm


■皇室日記
紀子さま翻訳の絵本、今月末に出版へ(2007.10)
秋篠宮妃紀子さまが初めて翻訳した英語の絵本が、今月末に出版されることになりました。
紀子さまが初めて翻訳に取り組んだ絵本は、
イタリアの出版社が出版した「ちきゅうのなかまたち」の英語版全8巻で、
最初の2巻である「ビーバーのベン」と「オオカミのエリック」が、今月23日に発売されることになりました。
紀子さまは子どもの頃に海外で長く生活していて、英語の絵本に親しんでいたことなどから、
知人を通じて翻訳の依頼があったということです。
当初は初めての翻訳に不安を持たれたということですが、悠仁さまも順調に発育しており、
今年の春頃からは生活が落ち着いてきたため、引き受けたということです。
しかし、育児と公務が忙しく、宮邸でまとまった時間が取りにくいことから、
地方公務で移動する飛行機や電車の中などで翻訳に取り組まれたということです。
最近の紀子さまですが、先週末は秋篠宮さまと長男の悠仁さまとともに葉山御用邸で静養され、
9日まで秋田で開かれている国体に出席されていました。

■2008年3月16日(TV)
絵本に託された 紀子さまの想い
ちきゅうのなかまたちシリーズ出版元の「新樹社」代表、
澤近十九一(さわちかとくいち)さんと編集担当の澤近朋子さんご夫妻に聞く。

Q紀子さまに翻訳をお願いしたのはどういう発想からか?
Aどなたに翻訳してもらおうか考えた時に、
その年の産経児童出版文化賞のことを思い出した。
妃殿下がとても素晴らしいご挨拶をされた。
児童書、絵本ということに並々ならぬ情熱をお持ちだということを知った。

秋篠宮殿下のお誕生日会見で、依頼に迷ったこと、
秋篠宮さまが背中を押してくれたと語る紀子さま
紀子さまは日々のご公務に3人のお子様の子育てという
それまでの生活リズムを保つために
翻訳作業を移動の新幹線や飛行機の中などでも行なわれた。

元の本と比較して
表紙の色は日本の伝統色を使われたらいかがかという提案をされた紀子さま
ビーバーのベンは「若菜色」、オオカミのエリックは「松葉色」、
ゾウのソフィは「桜色」が基調。
「ゾウのソフィ」には、ワオキツネザルやアイアイが描き足されている。
バオバブという樹の名前も付け加えられた。
これは秋篠宮さまと眞子さまのマダガスカル旅行での話を聞いてのことか。

Q出来栄えは?
A原作があるものだからある程度には仕上がってくる。それにどう心を入れていくか。
その心の部分は妃殿下に負うことが多かったと思います。


■悠仁さまの本棚拝見!皇室御用達の絵本(4ページ目)
秋篠宮紀子さまは、悠仁さまによく絵本をお読みになっていらっしゃることが報じられています。
悠仁さまのまわりには、どんな絵本があるのでしょう?
執筆者:鈴木 宏枝

動物の生態がよく分かる「ちきゅうのなかまたち」シリーズ
悠仁さまの育児を通じて、紀子さまは、絵本により近づかれのかもしれません。
一昨年から、地球の希少動物を扱った「ちきゅうのなかまたち」の絵本シリーズを翻訳出版されてきました。
この絵本シリーズは15カ国で出版されており、北アメリカ、アフリカ、アジアなど
世界の様々な場所に暮らす動物の生態や豆知識が詳しく学べます。

『ビーバーのベン』は北アメリカに住むアメリカビーバーが主人公で、
木の枝を集めてできた素敵な家に、森のみんなが集まってパーティをします。
『オオカミのエリック』は、ヨーロッパに住むオオカミのお話です。
群れからはぐれた少年オオカミのエリックを、おばあさんオオカミが連れて帰り、
家族の一員として育ててくれます。『ゾウのソフィ』には、アフリカゾウの一家が登場します。
雨季を迎えた大草原で赤ちゃんゾウのエリックが誕生します。
姉さんのエリーやフローラおばさん、おじいさんたちと元気に成長していきます。

完全な知識絵本ではなく、つぶらな瞳の動物たちの絵柄も、リアルではなくかわいらしい、といった感じです。
短いお話の中で動物の生活とその周辺を知ることができ、ページを広げることができたり、
彩色した透明シートで仕掛け絵本の要素も取り入れるなど、工夫が凝らされています。
紀子様による構成・訳出の過程で、「ゾウのリジー(Lizzie, the Elephant)」
「カンガルーのバスター(Buster the Kangaroo)」など、
原作の名前が日本語の音韻にふさわしく変えられています。
ビーバーはバ行のベン、オオカミはア行のエリック、ですね。
ドイツ語など他国語への訳でも同様に名前の変更が行われているので、
紀子さまもそれにならったのでしょう。
全8冊のうち、前半の4冊までが刊行されました。
後半の『トラのテレサ <アジア>』『カンガルーのカール <オーストラリア>』
『ホッキョクグマのポーラ <北極>』『ペンギンのポール<南極>』も楽しみです。

■『ビーバーのベン <北アメリカ>』(2007.10)
■『オオカミのエリック <ヨーロッパ>』(2007.10)
■『アリクイのオーレ <中央アメリカ・南アメリカ>』(2008.6)
■『ゾウのゾフィ <アフリカ>』(2008.6)
文:ビッキー・イーガン
絵:ダニエラ・デ・ルカ
構成・訳:秋篠宮紀子
出版社:新樹社
価格:1,575円(税込)

秋篠宮家のお住まいには、きっと紀子さまが選ばれた絵本が揃えられ、
悠仁さまを囲んで楽しまれていらっしゃるのでしょうね。
どうぞ、たくさんのすばらしい絵本と出会ってくださいますように!
https://allabout.co.jp/gm/gc/198816/4/