両陛下 青森を私的にご訪問

NHK青森放送局
両陛下が八戸港などを視察
天皇皇后両陛下は、24日、東日本大震災で大きな被害を受けた八戸市の八戸港などを訪れ、
復興の状況などを視察されました。
今回の訪問は、東北3県と同様に、青森県の被災地にも関心を寄せられてきた両陛下の意向を受けて、
24日から2日間の私的な旅行として計画されました。
両陛下が青森県を訪問するのは、24年ぶりで、東北新幹線で八戸駅に着いた後、
震災で防波堤や岸壁が大きく壊れた八戸港を訪問されました。
八戸港では、港を一望できる貿易センタービルの屋上にあがり、
八戸市の小林市長などから震災当時の状況について説明を受けられました。
八戸港は、3年前の震災で高さ6.2メートルの大津波が襲い、
港の北側に設けられている「北防波堤」の半分近くが壊れるなど、大きな被害を受けました。
その後、およそ320億円かけて去年7月まで復旧工事が行われ、
両陛下は、被害を受けた当時の写真などを見ながら八戸港の復興の様子を視察されました。
八戸港貿易センターの澤藤孝之社長は、「両陛下がこのビルに立ち寄り、
復興した八戸港を直接ご覧になられたことは光栄で大変感激しました」と話していました。
また、被災したときの状況について両陛下に説明した際、
皇后さまから「ご無事で何よりでした」と声をかけられたということです。
続いて、魚の出荷施設、「八戸市第三魚市場」に移動し、震災後に新たに完成した施設を視察されました。
この施設は、ベルトコンベアで魚を運び、人の手に一切触れずに、
水揚げから出荷までできるもので、世界最高水準の衛生管理をめざして導入されました。
両陛下は、最先端の設備を見て、魚介類が箱詰めされるまでのベルトコンベアの流れや、
設備を動かすのに必要な人手などについて質問されていました。
このあと、去年5月に「三陸復興国立公園」に指定された種差海岸を訪問されました。
種差海岸は、海岸線の近くまで草花が生い茂り海に面した岩肌と
青い海のコントラストが美しい景勝地として知られています。
両陛下は、展望台から海岸線の景色を楽しんだあと、
遊歩道におりて予定よりも10分ほど長く散策し白い花を咲かせたハマギクなどの草花を
興味深そうにご覧になっていました。
両陛下を案内した八戸市の小林市長は、
「被災地を見たいという両陛下の気持ちが伝わりました。
被災者を思う優しい気持ちに感激しました」と話していました。
また、小林市長が両陛下に八戸市は被災した地域の中でも復興が比較的早く、
他の被災地の支援を行ったことを説明したのに対し、
天皇陛下は「それは良いことですね」と述べられたということです。
両陛下は、24日夜、八戸市内に宿泊し、25日は、田舎館村や黒石市を訪れて、リンゴ畑などを視察されます。
09月24日 19時11分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/aomori/6084013041.html

両陛下、青森でリンゴ狩り楽しまれる
2014.9.25 18:55
青森県を私的ご旅行で訪問していた天皇、皇后両陛下は25日、
黒石市でリンゴ狩りを楽しまれた。同日夕、特別機で帰京された。
両陛下は、佐藤国雄さん(61)の60アールの観光リンゴ園を訪ね、
早生(わせ)の「つがる」が鈴なりの木から、真っ赤な実をもがれた。
皇后さまは「もう1ついい?」とほほ笑まれ、陛下は片手でもがれる場面もあり、両陛下は4つずつ収穫された。
別の施設で佐藤さん夫妻らと懇談した際、佐藤さんによると、出された5切れずつをすべて召し上がった。
陛下はつがるを「甘いですね」、皇后さまは「彩(さい)香(か)」について
「さっぱりした酸味でおいしいですね」と、話されたという。
これに先立ち、田舎館村を訪れ、1・5ヘクタールに稲で描かれた「田んぼアート」を村役場3階からご鑑賞。
世界遺産の富士山と天女の図柄で、陛下の「何種類ぐらいのお米を使って」とのご質問に、
鈴木孝雄村長が黄色や赤、白など10品種7色で描いていると話すと、両陛下はうなずかれていた。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140925/imp14092518550005-n1.htm

天皇皇后両陛下が私的旅行の訪問先に青森県を選ばれた理由は
2014.10.13 07:00
天皇陛下が80才を迎えられた昨年から始まった両陛下の私的旅行。
今年の秋、両陛下がその旅行先に選ばれたのは青森県だった。
「両陛下は9月24日から1泊2日のご日程で青森県を訪問されます。
八戸市では魚市場や種差(たねさし)海岸に足を運ばれ、
青森市では、地元のりんご生産農家と面談の予定です」(皇室記者)
“公式”ではなく、“休暇”の意味合いが強いご旅行にもかかわらず、地元の人々との交流を持たれる両陛下。
それには、こんな意味が込められていたという。
「今回の青森県訪問は、両陛下のたっての希望だったということです。
両陛下は、青森県も東日本大震災の被災地だという思いをずっと抱かれていました。
被害が大きかった岩手、宮城、福島は何度も訪問されていましたが、青森にはなかなか機会がありませんでした。
そのため、私的旅行を利用して被災者を励まそうと考えられたのです。
ですから、現地での訪問先も震災の影響を受けた場所を選ばれたわけです」(前出・皇室記者)
10月20日、美智子さまも80才、傘寿をお迎えになる。一般人の多くは、すでにリタイアして
のんびりとした暮らしを送る年齢だが、両陛下は今も“国民のために”と命を懸けて、その責務を全うされているのだ。
美智子さまの傘寿記念の女性セブン特別増刊号『皇后美智子さまの来し方 皇太子妃雅子さまの明日』(小学館)では、
こうしたエピソードの他、天皇陛下や美智子さまをはじめとする皇室の歩みと未来について触れている。
http://www.news-postseven.com/archives/20141013_279491.html