銀ブラ

平成皇室論
橋本明 朝日新聞出版2009年7月

私は学習院高等科三年生三学期期末試験終了日、陛下と決行した「銀ブラ」を思い出した。
遡ること57年前の昭和27(1952)年2月末。東宮職職員を欺いての外出には、「決行」という
悲壮感漂う勇気と決断が必要だった。大層な悪事を働いたという感覚が私には未だにつきまとう。
このたくらみを先導したのは、実は陛下ご自身だった。
「東宮職の職員は侍従、侍医も含めて今日が一番ほっとしている。春休みが目の前だ。
休みが明ければ大学に進む。区切りがついたいまが、もっとも油断している」
凄い戦略家だと見直す思いだった。行き先を尋ねると、ガラスを切るような答えが返ってきた。
「銀座がよかろう」
もう一人の級友を引き込んで綿密な計画を立て、皇宮警察の側衛官一人に同行してもらうという手を打った。
決行はその日の夜。目白にあった学習院・清明寮を抜け出し、見つからないように、
ばれないように配慮して目白駅から山手線の内回り電車に乗った。車内は込み合い、
陛下はドア付近に立つステンレス棒を背にされたが、
あれほどうれしそうな笑顔をみたことはなかったと記憶している。
新橋駅で降りて銀座を散策し、二軒の喫茶店に立ち寄った。
一軒目では陛下に気づいた支配人に挨拶され、早々に退散。
二軒目は「宮内庁御用達の洋菓子店」という陛下の情報を得て「コロンバン」へ。
一同の所持金を使い果たし、有楽町駅から山手線外回り電車に乗り目白駅で下車。
帰寮は午後11時ごろだったと思う。
寮にはすでに側衛官から連絡が入っており、大変な騒ぎになっていた。
陛下は自室に消え、カギをかけて閉じこもった。
私と級友の二人は、「拉致」「監禁」「逮捕」といっていいような扱いを受け、偉い方々に謝って回った。
東宮大夫には「労働運動はなお苛烈であり、
ご身分がばれて労働者に取り囲まれるようなことが起こったらなんとするつもりであったか」と誅された。
大夫は怖かったのだ。戦後、民主主義国家となった日本では、
戦前の「格差社会」を是正する大きなうねりがあった。
国内では労働争議が噴出し、昭和24(1949)年7月には
人員整理の先頭に立った日本国有鉄道初代総裁・下山定則が轢死体となって発見された。
一方、米議会では共産主義者を訴追する「レッド・パージ」が起こり、その空気が日本にも伝わる不穏さがあった。
陛下は最後まで周囲からの批判に対して黙し、妥協を拒んだ。
あの反抗精神は、独立への助走だったと私は理解している。
当時の東宮職内部にも「よくやった」と理解を示してくれた職員も何人かいた。


これに対し、昨今の東宮ご一家の外出は、あまりに気楽な日常茶飯事めいていて、
根源的に我々の悪餓鬼時代に敢行された銀座行きとは異なるようにみえる。むろん、
外食や観光、実家の親族との触れ合いといった息抜きぐらいはいいではないか、という意見もあろうが、
私には違和感が残るのだ。
「従来の公務を縮小する場合には、時期的な問題や要請した側への配慮を検討し、
無責任でない形で行わなければなりません。《時代に即した公務》が具体的にどのようなものを指すかを示し、
少なくともその方向性を指示して、周囲の協力を得ていくことが大切だと思います」
陛下は平成16(2004)年、71歳の誕生日前に宮内記者会から出された質問に
こう文書で回答を寄せた。「時代に即した新しい公務」を求めた皇太子ご夫妻に、
勝手は許されないとモノ申された形だった。天皇皇后と皇太子ご一家にこの年支払われた
内廷費は結婚前の紀宮清子内親王(現・黒田清子)を含めて総額3億2400万円だった。
当時まだ四人構成だった秋篠宮家に支払われた皇族費は5000万円である。
5億円を超えるという予算での東宮御所改装も平成20(2008)年秋に実行された。
さらに近年の東宮ご一家については、第一位皇位継承者を擁するとはいえ過剰とも思える警備が
完璧に行われる。また東宮ご一家のお出かけ先は、東宮ミッドタウンや六本木ヒルズ、
青山・表参道や丸の内、恵比寿ガーデンプレイスでのクリスマスのイルミネーション見物など、
華やかな観光名所が多い。いやがうえにも目立つうえ警備も大規模になり、
場合によっては居合わせた人たちに迷惑をかけることになる。
行楽地への私的外出の皮切りともいえるのが、平成18(2006)年3月、東京ディズニーリゾート
行きだった。敬宮愛子内親王の幼稚園入園を前に、
普通の子と同じような体験を積ませたいというご夫妻の発案だった。
ご一家は雅子妃の妹・池田礼子母子や職員とともにアトラクションカーや園内を走る列車で移動し、
来園者に手を振った。
この月、東宮ご一家は愛子内親王の友人家族らとともに休園日の上野動物園でも遊んだ。
その翌日、天皇皇后両陛下はヘリコプターに分乗し、噴火の続く三宅島を視察。
親子間の落差が目立つ日程であった。
東宮ご一家のオランダ静養が発表されたのは、
同年6月23日、陛下恒例の祈りの日の一つ、「沖縄慰霊の日」午後2時半だった。
16日に皇后が風邪に伴う口唇ヘルペスの症状をおして香淳皇后例祭のお務めをされたのに、雅子妃は欠席だった。
病気療養中とはいえ、私には落差があるように感じられた。