平安後期の木彫り神像が出土

(2008年11月10日)
琵琶湖北端の塩津港遺跡(滋賀県西浅井町)の平安時代後期(11世紀後半~12世紀末)の神社遺構から、
木製の神像5体や仏具の木製華鬘(けまん)などが発見されたと10日、滋賀県教育委員会が発表した。
神像はこれまで島根県出雲市の青木遺跡で平安時代の1体が出土しているが、
複数の出土は初めて。県教委は「神社信仰の実態を物語る重要な資料」としている。
神像5体は、神社の敷地を囲む約50メートル四方の溝から瓦や起請文木簡などとともに出土。
いずれも高さ12~15センチほどの小ぶりなサイズで、
男神像2体と女神像3体とみられる。このうち男女神各1体の座像は良好に原型をとどめ、
男神像は正装の衣冠束帯をまとい、平安時代後期以降における神像の典型的な様式という。
同志社大文学部の井上一稔教授(彫刻史)は
「作風から5体とも平安時代後期に制作されたと考えられる」と指摘する。
華鬘は仏堂の柱などにかけたうちわ型の装飾仏具。
花輪を贈るインドの習俗がルーツとされ、
中央に垂らした2本の結びひもの左右に唐草文様を透かしたデザインの金属製が多い。
見つかったのは片方の結びひもの部分で、中世以前の木製華鬘は極めて珍しいという。
滋賀県立大学の林博通教授(考古学)は
「起請文木簡とともに、神仏が習合した時代の神社信仰の様子を如実に示す他に例を見ない発見。
港と神社の関係の起源を探るヒントにもなる」と話している。
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/081110/acd0811102106000-n1.htm


滋賀・塩津港遺跡
平安後期の木彫り神像が出土
琵琶湖最北端にある塩津港は、古代から平安時代後期まで北陸と畿内を舟運で結んだ物流拠点で、
紫式部も越前(福井県)に赴任する父・藤原為時に従って訪れたとされる。
07年には、水運業者らが「荷を盗まない」などと神仏への誓約を書いた
最古の起請文(きしょうもん)木簡(1137年)が発見された。
http://osaka.yomiuri.co.jp/inishie/news/is81111a.htm?from=ichioshi