七福神

鎌倉時代、日本古来の神様・恵比寿神に大黒天と弁財天を加え、
さらに室町時代にかけて毘沙門天、布袋尊、
福禄寿、寿老人が加わって七福神とされた。
江戸時代末期には、各地で商売繁盛と無病息災、
大願成就の福徳・福運を求めて、
正月の松の内に廻るようになった。(七福神巡り)

恵比寿神:日本古来の神。伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の第3子
 商売繁盛・五穀豊穣をもたらす商売や漁業・農業の神
大黒天:ヒンドゥー教のシヴァ神と
大国主命(おおくにぬしのみこと)の習合
 食物・財福の神
弁財天:元のヒンドゥー教の神
 音楽・知恵・弁説・財福の神
毘沙門天:元はヒンドゥー教の神 仏教の神となった
 財福・勝負事の神
布袋尊:唐の末期、明州に実在したと言われる仏教僧
 家庭円満など福徳の神
福禄寿:宋の道教の道士または寿老人の別名
 幸運・生活安定・長寿の神
寿老人:道教の南極製の化身の老子
 長寿延命の神