藤原正彦著「国家の品格」より

世界のトップ・エリートというのは、
日本の文学や歴史についての、非常に具体的な質問をぶつけてくる。
だから日本人としての教養をきちんと身につけていないと、会話がはずまない。
内容がないのに英語だけ上手いという人間は、日本のイメージを傷つけ、
深い内容を持ちながら英語は話せないという大勢の日本人を無邪気ながら冒涜している。
「内容無ナシ英語ペラペラ」は海外では黙っていてほしいくらい。
最悪は「情緒力がなくて論理的な人」(中略)このような情緒力とか、
あるいは形というものを身体に刷り込んでいない人が駆使する論理は、ほとんど常に自己正当化に過ぎない。